ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年08月09日

144 夏の忘れ形見 さちの娘みち6 ❀三月さくら2017❀  【三月さくらZ-3】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
掟破り。


みちが女優デビュー?!
それも昂輝と共演?!
そして、ロミ・ジュリ?!
さて、一旦断った昂輝でしたが…。
二人は再会するのでしょうか?
今日は一気に展開します★


 初樹は治郎の話をひとしきりして、昂輝の心を解きほぐしていった。そして、最後に余裕の口調で言った。
「実はね、君の事務所からは、OKを既にもらってるんだ。もちろん、君が嫌なら正式に契約はしていないから、白紙に戻せばいいんだけど…」
 今日の初樹は若い頃から会得したその微笑みと、覗き込むような視線で、完全に彼を落としてしまった。昂輝は、どうして自分が受けてしまったのかわからないうちに承諾していたが、それはまんざら本心に適わないことではなかったから、当然の結果だったかもしれない。

 その、“ロミオとジュリエット”の舞台は、二人の瑞々しい演技で、まずまずの成功に終わった。
 そして、次がテレビドラマの連載だった。初樹が知り合いのテレビプロデューサーと既に話を進めてあり、みちや昂輝はそのままレールに乗せられて、撮影が始まった。
 昂輝とみちが主演の純愛ものだったが、これが短い連載ながら、好反響だった。初樹が、第一週の反応を見て即座に、先のロミ・ジュリの舞台のDVD化を決めたたほどだった。

 恋人役を演じながら、仕事の合間ですら昂輝はみちに対しそっけなく、挨拶以外は口もきかなかった。
 二人は役に集中し、収録は終わった。
 みちは、昂輝のそんな他人行儀な態度が気にならないわけではなかったが、ほんの時折、撮影のOKが出た時など、ふっと笑いかける笑顔は、役からも解放され、素顔が見えるようで、ほっとするのだった。
 それは、以前志貴の友人として家を訪ねて来た頃、夜道が危ないからと自転車で送ってくれた夏の日、また“星の家”の集まりに顔を出していた頃と、何も変わらない笑顔だった。
 そして再び、素っ気ない冷たいほどの態度に変わるのだが、その一瞬の笑顔を、みちは、いつも見逃さず、ただ彼は役作りに没頭しているのだと思い、自分からも声は掛けなかった。

 クランク・アウト後の打ち上げの際も、彼の態度は変わらなかった。
 実は彼にしてみれば、自分の思いを必死で抑えているのだった。好きな女性と、仕事上親密な関係になることは、却って苦しいものだった。
 仕事での共演を役得と思えるには、彼はみちのことを愛しすぎていた。
 また夏が来ようとしていたが、それさえも昂輝は苦しかった。バイトの帰りに送る口実が、どれほど嬉しかったか。あっという間に終わってしまったあの夏を思い出し、踏み込めなかった自分の不甲斐なさ、また、もがいたこの二年間がたっても、まだ自信が持てない苛立ちで、どうかなりそうだった。
 役から解放されたみちの姿は、以前にも増してきれいだった。彼は近づかずに遠くからその姿を盗み見た。
39

今日は話が一気に進んでしまい、すみません。
共演が終わった昂輝とみち。
このまま、また始まる前に
終わってしまうのでしょうか。

引き続き、↓次の回もご覧ください。






ワガパンサス。


あきらめられない昂輝の思い…。
このままでは
望みはないように見えますが
打ち上げの席での
昂輝の回想シーンから★


 先日、志貴からは、みちの婚約者がもうすぐ発表されるということを聞いていた。
「今からでも、お前が立候補する気はないのか?」と、志貴に訊かれて、昂輝は言いよどんだ末言った。「立候補しても、叔父さんたちが選ぶ相手の方が、みちさんを幸せに出来るって、思うんだろう、お前だって?」
「心変わりも、あきらめもしないと、お前は言ったじゃないか。まさか、前言撤回か?」
 まだ、あきらめたわけではない。昂輝は「いや」と小さく首を振った。ただ、あきらめなければならなくなるかもしれない。
「結局、誰が決めたんだ、みちさんの相手は?」
「初樹叔父だよ。もう、これ以外にいないっていう相手だって、言ってたよ。もともと、麗美叔母がいいって言ってた人みたいだから、かなり強硬だよ。あの夫婦は結束固いから」
「じゃあ、俺が立候補しても、勝ち目はないかもしれないよな。決まった相手がいるのに、割って入るべきかな?みちさんが困るだろうし」
「弱気だね。とにかく、相手を確認しよう。勝ち目がないと決めるのはそれからでも遅くない。今度の日曜の集まりは来いよ」

 志貴との会話を思い出しながら、昂輝はため息をついた。
 打ち上げの席では、みちが昂輝に近付いて来てそっと言った。「終わっちゃって寂しいですね」
「うん」と、昂輝は答えた。寂しいけれども、近くにいなくなるなら、こんなに辛くはなくなるかもしれない。
「昂輝さんって、以前うちによく遊びに来てた頃と、雰囲気が変わりましたね」
「そう?」とだけ、昂輝は答えた。
 みちは言った。「あの、今度の日曜、“星の家”でまた集まるんです。来ませんか?」
 昂輝は思った。『婚約相手が来るというのに、平気で来いと言うんだな』
「あの、みんな喜ぶので、絶対に来てくださいね」と、みちは言うと、彼の元を離れた。
『そりゃ、話題ドラマのカップルが登場すれば、みんな喜ぶだろうけど…』
 昂輝はまたため息をついた。どうして、あんなにまっすぐ、自分を見るんだろう。まるで、ドラマの中の恋人か、ジュリエットのように見えてしまう。女優になって、そんな表情もお手の物だろうが、彼には痛いくらいだった。
 昂輝にとって、みちは、ずっと手が届かない得難い女性だった。心が痛くても、やはりそばにいたかった。さっきまで、そして役がある間は、せめて近くにいられたのに、更に遠くなってしまったと、彼は感じた。

 その日曜日、志貴からはメールが入っていたし、初樹からも誘いを受けて、昂輝は少し遅れ気味で、“星の家”に現れた。着くなり、みちににこっと笑い掛けられて、彼も思わず笑顔を返してしまった。
40

“星の家”の妖精は
二人を覚えているでしょうか…。
登場人物の確認は家系図をどうぞ。 
(さちの父、志道が亡くなった頃の家系図。この物語は、数年後の設定です)
  「三月さくら」シリーズ 前後のお話は こちらから。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:掟破り。
ワガパンサス。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います






プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 07:40| Comment(0) | さちの娘みち 【三月さくら】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

143 夏の忘れ形見 さちの娘みち5 ❀三月さくら2017❀  【三月さくらZ-3】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
ねえ、ねえぇ!!


みちとの関係を、
志貴に相談した
昂輝でしたが…★


 昂輝は言った。「無事に送ることしか考えてなかったっていうか、それしか会う口実もなかったし…」
「口実って、そんなもん、いくらでも作れたろ?」
「実は、ただ毎日会えるだけで満足っていうか、十分って気持ちで」
「ボディーガード役に徹したんだな。その間に約束の一つも取り付けなかったのか?」と、志貴は呆れて言った。
 昂輝は黙った。最後の誘いは約束と言えるだろうか。
「まあ、幸いだったかもしれないけどな」と、志貴は言った。「お前がみちを口説いていたら、叔父さんたちがただではすませなかったと思うから」
 志貴の話は昂輝を萎縮させるのに十分だった。せっかく口約束したドライブも、それを聞いたからには実行しない方が無難かもしれなかった。

 昂輝はようやく志貴に取り入って、叔父の初樹と会わせてもらうことになった。
 初樹は誰にでも実に人当たり良く接するのが通常だったから、みちを慕う自分に好感を持ってくれたように、昂輝は感じていた。
 しかし、見た目の柔らかさとは裏腹に、初樹が昂輝に言い渡すように話したことは、ちょっと厳しい内容だった。みちとのことには一切触れず、一俳優に対する辛口のアドバイスを連発した。
 昂輝の表情は深刻になった。
「うん。そういう表情(かお)がいいよ。君は、面子が甘すぎるんだよ。生き方をもっとワイルドにしてみたら、いいかもね。俳優としても、男としても」

 昂輝には手厳しいことを連発した初樹だったが、後で志貴に伝えて言った。「どんな奴がみちを見初めたか、会ってみたかったんだ。羨ましいほど、若くてイケメンだよな」
「顔だけじゃなく、信頼できるいい奴だよ。今は売れてないけど、芝居も真剣だし」と、志貴はできるだけ友人をフォローした。
「ふーん」
「みちのことは、かなり真剣だよ。みんな心配してるみたいだけど、奴ならいい加減な付き合い方はしないと思う。いい加減なやつなら、毎晩自転車で送るだけで、まじめにひと夏過ごしたりしないよ。何の勘違いか、みちのことをお嬢様扱いしてるし」
「今度、“星の家”に呼んだらいい」
「いいの?」志貴は内心驚いて言った。“星の家”の集まりに呼ぶということは、みちの結婚相手として告知するようなものではないか?
「みちはまだ若い。ただ、お前が友だちをあそこに連れて行くのに、みちと結びつけなくてもいいさ。彼も俺たちも、お互いに知る必要があるし」
37

初樹は味方でしょうか、
それとも…
引き続き、↓次の回もご覧ください。






みちとの接点を
作ったはすでしたが…。
昂輝の思いは…?★


 叔父の初樹から許可を得て、昂輝は喜んで、“星の家”にも“Jiro‘s home”にも毎回顔を出していたが、ある時、急に来なくなった。
 心変わりしたのか、それともあきらめたのか、と志貴が訊くと、彼は大きく首を振った。
 そして言った。「俺は、お前たちの兄弟やあそこにいる連中のように、音楽が出来るわけじゃない。何の取り得もないから、ちょっと俳優に本腰入れてみようと思って。みちさんのことは変わらず好きだよ。前より、もっと好きになったかもしれない。心変わりも、あきらめることも、出来るわけがないよ」
 昂輝は一旦顔をあげて、志貴をじっと見ると言った。「俺、アメリカに行って来ようと思ってる、演技の勉強がしたいんだ。みちさんには、よろしく言っておいて」


 しかし、昂輝とみちは、彼が米国から帰っても、会うことはなかった。
 彼は、舞台を中心に精力的に活動していた。テレビドラマにも出演依頼があったが、どうもほとんど断って、舞台に集中しているようだった。
 そんな昂輝の元に、丹波野(にわの)事務所社長の初樹が現れた。「今日はね、お願いに来たんだ」
 昂輝は戸惑いながら、彼の言葉を待った。初樹はにこやかだった。
「実は演出家に頼まれてね。うちの事務所も関係した作品なんだが、主演に抜擢したいんだ。君の好きな舞台だよ」
 昂輝はタイトルを見て言った。「シェイクスピアですか。古典だからじゃないんですが、せっかくですがお断りします。やれる自信がないんです」
「最近、ミュージカルとか、アレンジものが多いけど、原作に忠実なのって、却って新鮮だろう。いい脚本(ほん)だと思うよ」
「…そういうことではなくて」
「ほぉ。恋愛ものはやらないって、本当なんだね。今しか出来ない作品なのに」
「すみません」
「相手役が丹波野みちでも?」
「みちさんが?!」
「これは、みちのデビューの舞台なんだ。みちのジュリエットは変わらない。俺は君を推薦したかったんだが、君が降りるなら、他にはいくらでも候補がいる。ロミ・ジュリといえば、もちろんキスシーンもあるんだが、それが原因で断るのかい、相手がさちでも?」
「…」
「キスシーンはやらないって、ある人に聞いてはいたんだけどね。君にも考えがあるんだろうけど、役者で恋愛ものをしないって言ったら片端(かたわ)みたいなものだよ。映画だってアクションものにすら、ラブシーンが入らないと観客に受けないくらいだ。こだわりも必要だろうけど、役者としての幅を広げるためだと考えてみたら」
 そう言ったが、それ以上初樹は、強引に説得しようとはしなかった。「ねぇ、君はみちのお祖父さんを知ってる?」
「ピアニストの?ええ」
「そのJiroが、ロミ・ジュリファンでね…」
38

ここまでで、最初の夏から
一年半ほど経過しています。
さて、昂輝は
断るのでしょうか?!
登場人物の確認は家系図をどうぞ。 
(さちの父、志道が亡くなった頃の家系図。この物語は、数年後の設定です)
  「三月さくら」シリーズ 前後のお話は こちらから




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:ねえ、ねえぇ!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | さちの娘みち 【三月さくら】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

142 夏の忘れ形見 さちの娘みち4 ❀三月さくら2017❀  【三月さくらZ-3】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
9218482アガパンサス by モアナ.jpg


夏も終わりです。
何かが始まる…
かもしれないのですが…★


 毎年、葉奈の命日がやって来ると、もうじき夏休みも終わりだという合図だった。連れ合いの一郎はすっかり老人と言われる年になっていたが、掲げられた葉奈の写真は、若いまま年を取らなかった。

 夏休みの最終日、みちの“星の家”のバイトも終わりだった。最後の帰り道、自転車を並んで走らせながら、昂輝とみちはあまり言葉は交わさなかった。
 青山家の近くまで来ると、いつもはそのまま自転車を走らせながら、挨拶を交わし別れるのだが、その夜は昂輝は自転車から降りた。
「いつも送ってくれてありがとうございました。ちょっと暗くて怖い場所もあるから、助かりました」と、みちが言った。
 行きがかり上、昂輝は彼女にはツーリングが趣味ということで通していたし、裏をつけるためか仕事やレッスンにも自転車で行くくらいの徹底振りだった。
「君の役に立ったならよかったよ」
 もう、送るという口実も今夜が最後だった。
 今をおいてはチャンスはないと、昂輝は思い切って言った。「今度、どこかに遊びにいかない?…ツーリングじゃなくてドライブとか…」
 そう口にできたのは、やっとの思いだった。しかしそこは俳優の端くれ、マスクだけでも充分武器になる上に、好感度の笑みをたたえる事は忘れなかった。
「はい」とみちは答えた。

 その夏は、まるで長い旅をしてきたような気がするみちだった。
 夏休みを終えて久し振りに家に帰った。母や兄弟とは、里帰り公演で会って以来だったが、何ヵ月も経ったような不思議な感覚だった。
 みちを見て、母のさちは『大人になったかな』と、感じた。
 さちとみちは、もともとが仲のいい母娘なのだが、夫を亡くした母を娘が労わるためか、言いたいことを我慢しているようなそんな印象を受けていたのだが、そのあたりのところが、一皮むけたように感じたのだった。
 その変化を皆が感じたが、口に出したのは、みちの弟、志郎だった。末息子の志郎は、いつも母の側に寄り添うように自然に甘えているようだったが、言うことは大人顔負けで鋭かった。
「可愛い子には旅をさせろというけど、この夏の間に姉さん変わったね。なんかいいよ。高校生らしくなった?生きるオーラみたいなのが出てるよ」と、志郎は指摘して言った。
「母さんのことだけじゃなく、私までおだてるようになったの、あなたは」と、みちは言った。
 まだ小学生の志郎は、ませたことをいう少年だった。学校が終わると、家ではなく母の助産院に直行して時間を過ごしていた。
 彼が姉のみちのことを母にこっそり話して言った。「叔父さんたちの心配するのがわかるよ」
35

次の季節が来ますが、
何かが発展するでしょうか??

引き続き、↓次の回もご覧ください。






2954457アガパンサス by mumbo.jpg


ひと夏で、みちは
ぐっと成長したようです。
そして、昂輝は…★


 勘のすごくいい志郎は、時々人の気持ちが分かるように言い当てることがあった。
「姉さん、可愛くなってきたからね。でもね、前よりいいかな。誘惑されたら、誰でも王子様だと思って、簡単に落ちてしまいそうな雰囲気があったけど、今は違うもん。前は周りが一生懸命守って、高嶺の花にしてたんだけど、今は人当たりはいいけど、肝心なところをガードしてるって感じ。変な男は近付けないって思うよ。ちょっと安心だね」
 さちは息子の話を思わずフムフムと聞いてしまってから言った。「あなたって子は。わかったようなことを言って」
「だって、その通りだと思うよ」志郎はあっけらかんとして言った。

 さて一方昂輝は、あの晩以来、更にみちへの思いを募らせていき、それをとうとう友人であるみちの兄、志貴に相談したのだったが、志貴曰く──
「うちは、父さんがいないから、叔父さん、叔母さんが気にしてくれているんだ。お前がその関門をくぐり抜けるのは、かなり厳しいぜ。それに普通はどうか知らないけど、うちの場合は、親や親代わりが結婚相手を決めてくれる」
「それでいいのか?自分が好きになった相手じゃなくて」
「兄貴も付き合ってるけど、いい感じだぜ。お前も会ったことあるだろ?」
「ああ、あの人。親が決めた相手だとは知らなかった」
「俺も叔父さんが、あ、海斗の親だけど、紹介してくれるって。まだ、いいって言ってあるけど」
「みっちゃんの場合は誰が?」
「お前、みちのこと、そういう風に気安く呼ばない方がいいよ。減点になるよ。さん&tけした方が、印象いいかも。みちは順番では三和の叔母さんたち夫婦だけど…」
「三和産業の社長夫人だろう?すごい人が叔母さんだよね」
「まだ、はっきりしないよ、誰が選ぶか。どっちにしても、麗美叔母さんと初樹叔父が、結構仕切ってるから。初樹叔父は丹波野事務所の社長やってる」
「ああ、あの人、優しそうな人だよね」
「そうだね。とにかく、みんなに気に入ってもらうんだな。味方を作ることだよ」
「協力してくれる?」
「おっと。協力はしないわけではないけど、叔母さんたちが探して来る相手の方が、お前よりも、みちを幸せに出来るかもしれない」
「手厳しいね」昂輝は溜息をついた。「俺の気持ちはどうなる?」
 志貴は真剣な昂輝の思いを更に探るように質問した。「お前、夏休み中、ほとんどずっとみちをチャリで送ってたんだろ、その間に何かできただろ」
「何かって?」
「だから、いくらでもチャンスがあっただろ」
「…」
「そんだけ時間があれば、ものに出来るだろ」
 昂輝は首を振った。「もしかして、すごくチャンスだったのかもしれないけど…」
36

昂輝は
夏の間のまたとない機会を
逃したということでしょうか。
前後のお話 はこちらから→ 三月さくら 目次
  登場人物の確認は家系図をどうぞ。 
  (さちの父、志道が亡くなった頃の家系図。この物語は、数年後の設定です)




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:「アガパンサス」 by モアナさん
「アガパンサス」 by mumboさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか

posted by kuri-ma at 06:20| Comment(0) | さちの娘みち 【三月さくら】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする