ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年05月16日

69 《三月さくら》 微笑みの法則2 〜空&初樹7  【X-3】2017



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
休息。


二十歳の誕生祝に、
初樹がもらった最高のもの…
すべてが、
初めてのものばかりでした★


「本当?すごいよ。ありがとう、おじさん」
「麗美の相手をしてやってくれ。帰りは翌日の夕方の便だから」
 最悪のコンディションのはずだった初樹の顔は、これほどないというくらい輝いた。
「それから、頼みがあるんだが」と、治郎は言った。
「もうすぐ夏休みだろう。麗美のコンサートツアーを組んでるんだが、同行してもらえないか?俺たちが行けないから心配なんだ。マネージャー代わりということで、バイト料も出すよ。どう?」
「いいんですか?」
「頼むよ。悪い虫が付かないようにちゃんと見張ってくれよ」
 二日酔いの頭を抱えながらも、初樹は嬉しそうだった。

「せっかく、昨夜はご馳走を用意したのに」と、姉と祖母に文句を言われて、それをパクつきながら、彼は言った。
「シャワー浴びたら俺休むね。バイト決まったんで忙しくなるから」
 夏休みと言われたにも関わらず、初樹はもうすぐにでも始めるつもりだった。治郎の了承を得たのだから、鬼に金棒だった。

 治郎からは飛行機の席だけでなく、宿泊先のホテルも予約してあると聞いていた。翌日、初樹は揚々と旅路に着いた。彼の気分も、本当に空を飛ぶかのようだった。
 麗美への電話を終えた治郎に、空が声を掛けた。「いいの父さん、行くの楽しみにしてたのに?帰りは一緒に帰るつもりだっただろ?初樹の気持ちわかってて、譲ったの?」
「とりあえず、初樹なら麗美のところに送っても安心だろ?それにこのままでは初樹には歩が悪すぎるだろう。会う機会くらいあげてもいいかなと。あいつの母親が亡くなった頃のことを思い出してさ」
「みんな初樹には甘いんだよな。あいつはその頃のことを覚えてもいないんだぜ」
「母親にはもう会いたくても会えないんだから、せめて麗美には会わせてあげたくなったんだ」
「大判振る舞いだね」
 一方、父が来ないという電話を受けた麗美は、がっかりしていた。ちょっと心細いような思い、そんな中、初樹がやって来た。
「どうしたの?!」
「おじさんにチケットもらって。来ちゃったよ、とうとう」
「びっくりした。パパが来れないって電話があったところで。代わりに初樹が来るならそう言ってくれればいいのに」麗美は心なしか涙ぐんでいた。
「俺でもちょっとは心強いでしょ」
「うん。来てくれて、なんかホッとした」
「そう?」
14

なんだか
治朗の配慮を感じますね。
いいのかなぁ、治郎パパ、
初樹に譲ってしまって。
またとない父娘水入らずに
なったはずでしたが…。
↓引き続き次の回も、お楽しみください。






スプリングエフェメラルからゼフへ。


二十歳になりたての初樹。
初恋進行形の相手、
麗美には会えましたが…★


「おととい、誕生日だったでしょ?」
「覚えててくれたの?」
「ごめんね。戻ったら約束通りお祝いしようと思っていたの。今晩できるわね。泊まるんでしょ?」
「函館ビューホテルって」
「同じよ。父と帰る予定だったんだけど」
「もしかして」初樹は帰りのチケットを取り出した。「受け取った時は気がつかなかったんだけど、帰りが二枚あるんだ」
「じゃあ、一緒に帰りましょう」
 その晩、初樹がどれだけ天にも昇る思いだったか。
 コンサートですでに、恍惚に達するくらい感動していたし、“Jiro's home”以外に酒を出す店を知らない彼が、ホテルのバーにいること自体、場違いのような気がした。
 ほの暗い中に、麗美の優雅な美しさを、照明が際立たせていた。
 二人で乾杯して、麗美がにっこり笑って「おめでとう」と言った。
「麗美さんが最初だよ、おめでとうって言ってくれたの」
「まぁそう?一昨日だったのに?」
「最初にお祝いしてくれるって、約束だっただろ。ありがとう。嬉しいよ」
 彼は一杯だけ飲むと、早々に席を立った。一昨日の失態も頭にあったし、飲みすぎて意識を失いたくなかった。こんな幸せな場面場面を胸に刻んでおきたかったから。
 それに明日のこともあった。

 ホテルにチェックインした時、治郎からの伝言が届いていた。
「明日はもうすでに予約済みの予定があるので無駄にしないように、予定通り麗美を家に送り届けてほしい」というもので、昼食の予約場所が添えてあった。
 明日は一日麗美と過ごすことになる。ただ、コンサートを聴いて顔を見ることしか考えずに来た初樹にとって、これは思ってもいないことだった。
 部屋に戻ると、空に電話して意見を求めた。
「まぁよかったじゃないか。父さんも俺たちも行けないんだから、お前に白羽の矢が当たったんだよ。父さんもお前のことを信頼してるし。…いいんだよ、楽しんできたら」
「そうは言うけど…」
「まぁ麗美の喜ぶようにしてあげることだな。そうしつつ、ちょっと自分のよさも適度に主張しておくと」
「そんな難しいことできないよ」
「なに、いつもお前がやってることを言ったまでだよ」
「えっいつもの俺?」
「いつもお前は自然体で麗美に接してさ、褒めたり喜ばせたりしてたじゃないか。そして必ず何か上手にねだったり、約束したりしてたろ」
 そうだったかもしれない。
「それでいいんだよ。いつも通り、いけよ」
 そんな風に空に励まされた初樹は、少しの不安を抱えながらも、幸せな夢を胸に床に就いた。
4

さぁ、明日は…!
初樹の高鳴る胸の鼓動が
聞こえるようですね。
登場人物の確認は家系図をどうぞ。
    橘家家系図も参考にどうぞ
「三月さくら」シリーズ前後のお話は こちらから。



よい一日、よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:休息。
スプリングエフェメラルからゼフへ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


【関連する記事】

2017年05月15日

68 《三月さくら》 微笑みの法則1 空&初樹  【X-3】2017



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
2012.09.21 和泉川 原っぱ


「デジャブ」との姉妹章、
「微笑みの法則」のスタートです。
初樹が心を寄せるのは、
丹野家の麗美。
どうも"高嶺の花"のようですが…★



 第四章 微笑みの法則



 初樹は"Jiro's home"に入り浸っていた。空や麗美の演奏を聴き、二人と話していくのが常だった。麗美は時々しか演奏しないのだが、その予定をすっかり把握して、逃がさないのだった。
 ある時、ほかの客がいないので、ピアノの傍に来ていた初樹は、麗美の楽譜帳を見せてもらっていた。
「これは何?」
「作詞もしているの。パパの曲につけてみたんだけど」
「へぇ、聴いてみたいな」
 初樹にせがまれ、麗美が弾きながら歌っているところに、治郎が入って来た。
 麗美の歌声に魅了されたのは、初樹だけではなかった。父の治郎は喜び、ちょうどレコーディング中だった自らの次のアルバムに、父娘デュエットで吹き込むことになり、それが麗美のシンガーソングライターとしての出発になった。
 数ヵ月後には、麗美の歌声が巷でも聴かれるようになった。今までトレードマークだった大きな伊達眼鏡を外した素顔は、爽やかな美人だったから、テレビ受けもした。
 父の治郎が売り出した頃と同じような現象が起こった。彼は昔と違いマイペースな音楽活動をしていたが、デビュー当時は超多忙の生活だったから。
 麗美のことは父の治郎が配慮して、スケジュールは調整されていたが、今までのように父の店で演奏することはなくなった。日曜日の夜、みんなが集まる時も、麗美だけは来なかった。
 初樹は、"Jiro's home"で、オーディエンスがほとんどいない中でも、欠かさずかぶり付きで聴いていた、あの頃が懐かしかった。いつも彼のリクエストに応じてくれた。
 あの時、歌わせてしまったことを悔やみたい気持ちにもなった。でも、あの歌声を自分ひとりのものにはできないな、と納得するしかなかった。

 テレビのインタビューに麗美が答えていた。
 しばらく会っていなかった麗美をテレビの画面を通して見るのは、嬉しいような寂しいような気持ちだった。
 インタビュアーというのは、いつもそういった質問をするものだが、麗美は好きな男性のタイプ≠質問されていた。
「私には、父と母が理想のカップルなので…」
「じゃあ、お父さんのJiroさんみたいな」
「かもしれないです。両親が喜んでくれる人がいいかな」
「麗美さんの好きなタイプってないんですか?」
「まだ、よくわからないんです」
「好きになった人が理想のタイプかな?まだ恋人はおられないんですか?」
「はい、いないですよ」
「音楽が恋人っていうわけですね」
12

麗美はアーティストデビュー
してしまいました。
初樹の初恋の行方は…。
↓引き続き次の回も、お楽しみください。






初秋。


初樹は、三家の中でも
最年少の大学生。
麗美は三歳年上です。
麗美との距離にすっかりめげている
初樹に対して、
麗美の父、治朗が…!★


 “Jiro's home”に、酔いつぶれそうな初樹がいた。
 治郎がやってきて、空に訊いた。「どうしたんだ、これ?」
「だいたい、わかるでしょ。何も言わないでただ飲んでたんだ」
「おめでとうって言うなよ!」と、突然初樹が叫んだ。
「めでたいことがあったようには見えないな」と、治郎が空に言った。
 空は父に囁いた。「今日が二十歳の誕生日だよ。麗美に祝ってもらう約束だったんだ。何ヶ月も前の口約束だから、忘れられたんだろうね。今仙台だっけ?明後日の函館が最後だったよね。三日後まで帰らないって言ったら、ずっと飲み続けてさ」
 もう、カウンターに頭を付けてしまっている初樹を、治郎は見つめた。初樹はむくっと顔を上げると言った。
「治郎おじさん、おじさんのピアノ聞かせてよ。昔から大好きなんだ」
 治郎がピアノに向かうと、初樹もよろけながらやって来た。治郎が弾くグランドピアノに頭を持たせている初樹の姿を見ながら、ほんの小さかった頃の初樹の姿が重なった。
 母の葉奈が亡くなる前から、亡くなってからは頻繁に、まだ二、三歳の初樹が夜寝付かないからと、一朗が車で連れて来ることがあった。
 椅子をピアノの許に持って来て、その震動が安心するのだろう、今日のように頭やほぼ上半身全てをもたげていることもあれば、演奏する治郎の膝の上で寝てしまうこともあった。
 一朗が寝ているソファーベッドの横に寝かせてあげたこと、そんな晩が数え切れないほどあったのだ。多い時には毎週末だった。
「麗美に会いたいのか?」治郎は、もう眠ってしまっている初樹に呟くように訊いた。
 そして空に声を掛けて、一緒に初樹をソファーに移動して寝かせてから言った。「朝起きたら、事務所に連れて来い」

 翌朝、二日酔いで最悪な顔をした初樹が、空に伴われて治郎の許に現れた。
「夕べは、かなりやってたねぇ。あんな風に飲んでると悪酔いするぞ。まだ未成年じゃなかったのか?」
「昨日から二十歳ですよ。誰も俺の誕生日なんか覚えてないけど」
「イチさんが心配してたぞ。お祖父さんお祖母さんも、起きて待ってたみたいだったけど」
「あっ!」
「これは治郎おじさんからプレゼントだよ。明日の麗美のコンサートチケットだ。函館までの往復の飛行機と。俺が行く予定だったんだが、行けなくなってね」と、治朗は複数のチケットを初樹に手渡した。
 初樹はまじまじと、手の中に渡されたものを見つめた。
13

え!治朗の意外な行動…。
これって、麗美に
会いに行けるということですね。



よい一日、よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:原っぱ
by (C)ひでわくさん
初秋。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
登場人物の確認は家系図をどうぞ。
    橘家家系図も参考にどうぞ
「三月さくら」シリーズ前後のお話は こちらから。



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



2017年05月14日

(詩) 五月生まれのあなたへ♪  2017


五月という美しい月に
生まれたということは、
五月の輝きと潤いを 
そして爽やかさを
もって、生まれたということでしょうか。
今日は短い詩を紹介します。
以前、大切な人に捧げた詩です★

2011.05.13 追分市民の森 コゲラの居る風景



「 五月生まれのあなたへ 」 



若葉が最も鮮やかに萌え出でる 
五月に生まれた人は 
緑の生命力を持っている 
暑すぎない 陽射しのような  
温かい心を 
周囲に降り注ぐ  

五月は飾らない 
五月は気取らない  

五月は… 

五月は 
雨をもらって 木々が色づくように 
五月は涙を笑顔に変える月




身近な人の中に
五月生まれの人はいますか?

結婚前
私が この詩を捧げた相手は
今も私の横にいるその人です。
結婚して違う面も見えてきましたが
やはりこの詩に表現したようなもの
そんな世界も持ち合わせているようです。
飾らない、気取らないという部分は
その通りですが、
五月の美しさとか
輝き✨ 潤い💧
爽やかさ(!)…を
もっている人かどうかは
ご想像にお任せします(笑)




よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:コゲラの居る風景
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください 
下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか

「季節の詩 愛の詩2017」一覧

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする