ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年11月15日

(詩) 紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に 2017 男女バージョン


秋の深まりと、
愛の深まり… 
秋のこうよう(紅葉)と 
愛のこうよう(高揚)… 
女性・男性バージョンを一気に掲載!★

十和田の紅葉


〜女性バージョン〜
「 紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に 」



紅葉(もみじ)が色づくその前に
私の気持ちもすっかり染まってしまう
夕陽が空を焼け尽くす前に
私の心は焦げるくらいに熱くなっていく

風がそよげば 木の葉のように揺れ
花が咲けば あなたを思い微笑む

吹く風は日ごと冷たく変わり
顔だけはほてるけれど
愛は つかめない

まだ固いこの実が
徐々に秋の色になって
黄金(こがね)に輝きだすように

誰かが私の頬の色に気づく前に
あなたから声を掛けて
最後の葉が舞い落ちるその前に
あなたがこの手を取って

木の実が熟せば 小鳥がやってきて
花が散れば 少女が涙をこぼす

まだ青いこの葉が
指の先まで染まっていき
見事な錦(にしき)になるように

紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に
私は少しだけ大人になるだろう

紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に

紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に…


十和田の紅葉 (3)


紅葉前線というのはあるのでしょうか。
秋も深まりを見せていますが
今年の紅葉はどうでしょうか。
まだ、色づくには早いかもしれませんね。

秋の深まりと
愛の深まり…
もみじが徐々に紅葉するように
愛もこうよう(昂揚)していきます
秋の深まりは
ひとりの女性も成長させるようです


  




2010年・秋。



〜男性バージョン〜
「 紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に 」



 
紅葉(もみじ)が色づくその前に 
僕の気持ちもすっかり染まってしまう 
夕陽が空を焼け尽くす前に 
僕の心は焦げるくらいに熱くなっていく 

風がそよげば 木の葉が舞っていき 
花が香れば 君の面影を偲ぶ… 

吹く風は日ごと冷たく変わり 
顔だけはほてるけれど 
愛はつかめない 

まだ固いこの実が 
徐々に秋の色になって 
黄金
(こがね)に輝きだすように 
秋の深まりは 想いも深めるのか 

僕の気持ちはもう決まっているよ
君を見つめる視線が熱すぎるのか
目を逸らして また俯いてしまう

木の実が熟せば 小鳥がついばみ
花が散れば はかない夢を嘆く

まだ青いこの葉が
指の先まで染まっていき
見事な錦
(にしき)になるように

紅葉
(もみじ)がすっかり色づく前に
君からの答えが聞けるだろうか

紅葉
(もみじ)がすっかり色づく前に
君の笑顔を僕に向けられるだろうか

紅葉
(もみじ)がすっかり色づく前に

紅葉
(もみじ)がすっかり色づく前に…


同名の女性の詩の
返歌のような形になっています。
この詩、男性でもいけるんじゃないか、
と思ったのが作るきっかけですが、
簡単なようでちょっと難しかったです。
「私」のままでいこうかとも思ったのですが、
わかりやすくするために「僕」としてみました。
女性バージョンとほぼ同じですが
微妙な変化をつけて。
ふたつ合わせれば
ふたりは両想いだとはわかりますが、
ちょっとまだるっこしいですね。
先回の詩では、
男性のアプローチが足りないのかと思ったのですが、
こちらの詩では、男性はすでに
気持ちは伝えてあるような雰囲気ですね。
少しだけ、時が進行したようです。
二人の愛の行方、
予想してみてください。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:上 十和田の紅葉
中 十和田の紅葉 (3)
by (C)akemiさん
下 2010年・秋。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください ↓ 


下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧


posted by kuri-ma at 06:45| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

(詩) じっと君だけをみつめていたい  2017


自信もなく
自分の生き方を
みつけられなかったことも
ありました。
人を変えるものとは、
やはり、愛でしょうか★

2011.10.08 和泉川 ゲンノショウコ


「 じっと君だけをみつめていたい 」



代から取り残されても 今
っと君だけをみつめていたい
間がたっても 残るものはあるはず

備出来ていなかった 突然のときめき
由気ままに生きてきた これまでの日々
回はないことも
分が一人だということも
 ただ 身と
    生と 
    件だけ求めて
 それが独りよがりだと考えもつかず
験だけで 終わりたくない

立したいと思っていた 心の自立
分を探し出したかった 本当の私
脈もなく
信もなく
 ただ 由と
    間と
    意識だけがあって 
舌に語るものが真実ではない!
 

件が起きてから ようやく
実に気が付く

期が来たら さよならするのね」
生を どう切り開いていくの?」

 ただ 粋な 
    白な 
    軟な思いだけ 
談ですべてを済ませたくない 

代から取り残されても 今
っと君だけをみつめていたい
間が徐々に 育むものもあるはず

分過ぎる 君一人と、
分がこだわってきたもの全てとを 
もう比べられない
もう計ることはない
生を天秤にかけてたわけじゃない



10月の「じ」の頭韻ということで
10月の詩としています。
「三月さくら」空の物語
「デジャブ」(X部3章)に
挿入する詩でもあります。

これまで、自信もないくせに
こだわってきたもの
理由もなく
いらだっていた
そんなものを
吹っ切れたような
大切なものに
気づくことができたのかな
というような
愛に目覚めた詩です



よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:ゲンノショウコ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきていますので
お楽しみください



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

(詩) 「その秋をつかまえて」  2017


いってしまった9月
いってから気がつく
いらなくなってから
思い出した、忘れ物のように…★

秋の陽・・・



「 その秋をつかまえて 」 



春は待ちわびて、ようやくやってくるもの 
夏の間は 我を忘れて夢中になり 
秋はいつの間にかやってくる 
そして 冬は時を止めたよう 

幸せな時間はその中にいるときにはわからない 
別れは気づかないうちに訪れている 

願って願ってようやく叶えた夢 
望みもしないのに、悲しみは忍び寄る 

季節が巡るように 
この秋もゆき やがて春が訪れる 
まだまだ夏と思っていたのに 
秋が来て ますますそれは深まってゆく 

冬が来る前に 
この秋をしっかりつかまえて 
孤独と哀愁をまとって 
別れも微笑みで送りたい 

もうだめだと思いたくない 
いつだって乗り越えてきた 
いつまでも子どものままで 
いつまでもきれいなままで 

最後のひと葉が散るまでは 
まだ秋だと思っていたい 
命も人生も余裕で 
自由にやってきたのだから 

いつかすべての葉が落ちて 
この地の一部になる時がくる 
あなたのくれたものもすべて 
私と一緒に消えてなくなる 

いつか魂になった時に 
あなたが愛した庭の片隅に 
思いを託して蕾を開こう 
いつまでもあなたの子どものまま 
いつまでも花と一緒に 

冬が連れて行ってしまう前に 
その秋をつかまえて 

この秋が逝っても… 
今は残暑の汗まみれの 
私がいずれ行く日が来ても… 
やがて冬は去り 
やはり花の季節はやってきて 
子どもたちの笑い声が絶えないだろう 





また9月中にあげるのを忘れていました。
お父さん、ごめんなさい。
詩自体は、秋全般に通じる詩なのですが。

9月は秋でしょうか。。。
まだ夏の振りをして、
いつの間にか秋になっている、
そんな季節ですね★

父が亡くなって数年、
この詩は、その前の秋、母が入院した時に
作っていたものですが、
少しだけ付け加えて完成しました。
そして、こうして見ると、まるで
9月が誕生日だった
亡き父を偲ぶ詩のようになりました。

父の遺した何よりの財産は
2人の子ども(私と弟)と
7人の孫たちだと
母が言っていました。



よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:秋の陽・・・ 萩
万葉の時代、男女は萩の小枝に恋文を結んで贈りあっていたそうです。
メールに比べるとず〜と趣がありますね^^
花言葉:前向きの恋 想い 内気 過去の思い出

by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきていますので
お楽しみください



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする