ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2018年03月25日

(詩) 生まれた時から愛がすき♡  ★2018★


ひとにとって
いちばん大切なのが「愛」
愛が命を、家族を、故郷を、そして時間を
優しく包み、限りのあるものを
エンドレスに 完全なものに変えていきます★

白ネムの花


「 生まれた時から愛がすき 」



わたしたちが生まれた理由(わけ)、それは愛
わたしたちが生きる意味、それは愛

わたしたちが貴い理由(わけ)、それは生命(いのち)
わたしたちが感じる意味、それは生命(いのち)

お祖父ちゃんが走り回ったこの山々
お祖母ちゃんが見つめていたあの海原

お父さんが大切にしていたその夢
お母さんが歌ってくれた希望の詩(うた)

生まれた時から愛がすき
愛するために生まれてきた

四季が美しいのはなぜ? それはきっと
風が芳しいのはなぜ? それは私が
雲が流れるのはなぜ? それはあなたを
夕陽が目に染むのはなぜ? ・・・・(愛しているから)




わたしたちが帰りたい理由(わけ)、それは故郷(ふるさと)
わたしたちが祈る意味、それは故郷(ふるさと)

わたしたちが美しい理由(わけ)、それは家族
わたしたちが笑う意味、それは家族

先祖たちが眠っているあの大地
私たちが歩いているこの道

友人たちと語り合った懐かしい思い出
子どもたちが手を取り合う まぶしい未来

生まれた時から愛がすき
愛するために生まれてきた

春が優しいのはなぜ? それはきっと
夏が激しいのはなぜ? それはあなたが
秋が懐かしいのはなぜ? それは私を
冬が厳しいのはなぜ? ・・・・(愛しているから)




わたしたちが生まれた理由(わけ)、それは愛
わたしたちが生きる意味、それは愛

生まれた時から愛がすき
愛するために生まれてきた
愛するために生まれてきた




愛、家族、故郷というテーマで
作った詩です。
「愛 〜わたしたちが生まれた理由(わけ)〜」
というタイトルをつけていたのですが、
「生まれた時から愛がすき」
結局このタイトルとしました。
どうぞ愛してくださったら、嬉しいです。



よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:白ネムの花
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください ↓ 


下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

(詩2編) どうせ解けてなくなる運命なら ***淡雪のたわ言 2018*** *                  もう 解けてしまってもいいと思ったんだ  〜雪の季節の終焉 2018〜


届くことのない思い…
聞かれることのない思い…。
こんなにも愛しているのに。
彼の思いは今日を限りに
きれいに消えていきます。
とうとう
時間は来てしまいました。


coco-Aスノーフレーク.jpg


「 どうせ解けてなくなる運命なら 」 
***淡雪のたわ言*** *




どうせ解けてなくなるこの命 
どうせ消えていく運命なら 
一度だけ、思いっきり僕一色の景色に 
変えてみたかった
* * * 

朝起きたら一面の雪景色 
それって感動的だろう 
どうせ消えていく運命だけれど 
君の心にいつまでもきれいな姿で残っていたかった
* * * 
どうせ変えられない運命なら 
消えていくその前に 
その存在を示したかった
* * * 

知っている? 空の雪雲から地上までの距離を
それが僕の君に捧げた真実の心の 生きる時間

どうせ消えていく運命なら
一度だけ、思いっきり僕一色の景色に
変えてみたかった
* * *
どうも季節が味方してくれない
落ちた場所も悪かった
降っても降っても
落ちる瞬間に解けて消えていく雪たち
アスファルトは無情にも
無数のぼた雪たちを飲み込んでいく
* * *

どうせ解けてなくなるこの命
どうせ消えていく運命なら
この一片を 君の肩に降らせて散ってみたかった
* * *
無理な願いだとわかっている
触れることも叶わぬ縁だから
この身は朽ちて 地を潤わせ
また空に昇って行く
* * *

どうせ解けてなくなるこの命
どうせ消えていく運命なら
一度だけ、思いっきり僕一色の景色に
変えてみたかった
* * *





その時の雪は、ぼた雪で
雨で塗れた地面にみんな落ちては消えていき
なかなか積もることはできませんでした。
それでもその日
午後になってからどうにか雪をかき集めて
うちの子犬たちは父犬と一緒に
雪遊びをしていましたが…。
(私はこういう時ネコ派です)

そんな淡くも消えていく雪を見ながら
浮かんで来た詩です。
なぜか、ちょっと切ない詩になってしまいました。






雪の結晶は、
ひとつとして
同じ形はないといいます。
結晶にこだわり続けた、
孤高の人の
心を解かしたものとは、
やはり愛だったようです★


7980273スノーフレーク.jpg



「 もう 解けてしまってもいいと思ったんだ 」
   〜雪の季節の終焉〜



降り続ける雪と、
降り止まない僕の心
雪の季節は終わる
誰も訪ねてこなかった
山深くに 冷たい雪を積もらせて
誰も解かすことのできなかった
解けるはずのなかった僕の心
君の掌に落ちると  
一瞬 美しい結晶を見せただけで解けおちてしまう
もう 解けてしまってもいいと思ったんだ

温かい 人の肌に触れると 
何年も解けない根雪でさえ
春の訪れのように 解け始める
その微笑みを目にすると
こわばった僕の顔も緩む
もう 解けてしまってもいいと思ったんだ

君のために 僕は孤独でいたんだろう
君のために 僕は雪を降らせ続けたんだろう
君の温かさに出会うために 
僕は冷たく凍った根雪の心を持ったんだろう
この雪を きれいだと言ってくれるか
人を受け入れなかった聖域 
純白に覆わせた僕のまごころ
君のために 僕は雪を降らせて来た
雪の季節は終わる
君が開いてくれた僕の心

今までは涙にならなかった 何でもないことが 
美しく見えて 
何でもないことで 感動してる
君の頬に伝う涙は 
僕の雪が解けた分だけ溢れてくるようだ
もう 解けてしまってもいいと思ったんだ

今までこだわって来た プライドも
捨てられなかったものも
解けてなくなるように
なくしてしまってもいい
雪の結晶はひとつとして同じものはないという
そうしてこだわった結晶のひとつひとつ…
もう 解けて消えてもいいと思ったんだ

君の涙が地に落ちると もう解けるしかない…
もう解けてしまってもいいと思ったんだ



1151527スノーフレーク.jpg




降る雪の結晶の一つ一つがきれいなので
手を差し伸べると
きれいな結晶を見ることができたかと思うと
瞬時に解けて消えてしまいました。
衣服などの上ではしばらく雪の結晶を
楽しむことができますが
人の体温はあったかいんですね。
そんなはかない雪の結晶を見ながら
作った詩です。

上の「どうせ解けてなくなる運命なら」
は敗れ去った恋のはかなさのような詩ですが
これは続編でしょうか。
それまで愛を得ることのできなかった孤独な人が
今度こそ
愛に出会ったかなぁというような…。

雪はいろんなインスピレーションを与えてくれます。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

上の画像は:スノーフレーク by coco-Aさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
撮影者に許可を得て使用しています
いずれも無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきていますので
お楽しみください



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

(詩) ばれんたいん宣言  2018


バレンタインデーが近づきました。
様々なハートが込められた
たくさんのチョコたち…♡♡♡

紅ハート白ハート。



「 ばれんたいん宣言 」 




馬鹿なことをしてると思う 
恋愛ではなく、ただのイベント 
楽しんでしまえばいい 
陰気な気分を吹き払って 

 バレンタインは年中行事 
 友チョコしてた頃が懐かしい 
 こんなドキドキはもう卒業して 
 ハッピーなカップルになりたい 


    バッチリきめてみたい 
    連絡してみようか 
    大切なのは心なのに 
    印象的な言葉を探してしまう 

     バレンタインは必須科目 
     義理に甘んじたらもう明日はないから 
     こんなドキドキはもう卒業して 
     ハッピーなカップルになりたい 


        場所を選んでみたり
        練習なんかしてみたり
        溜息をついてしまったり
        一回だけもう一回だけ

          バレンタインは私宣言
          本命は一人だけでいいから
          こんなドキドキはもう卒業して
          ハッピーなカップルになりたい

          バレンタインは私宣言
          本命は一人だけでいいから
          こんなドキドキはもう卒業して
          ハッピーなカップルになりたい





「バレンタイン」の折句を
混ぜ込んだ詩です。
2013年のバレンタイン前に
書き留めておいた一節を元に
数年前、数時間でさっと作り上げました。
どんなものでしょう。

♡友チョコ、♡義理チョコ、
恋人やパートナーにあげる♡本命チョコ。
心を決めないと、チョコはあげられません。

中でも、一生に一回でいいというような
「私宣言」をする
♡宣言チョコ、
(告白チョコと言うべきか)も
あってもいいと思うのです♡♡




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:紅ハート白ハート。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきていますので
お楽しみください



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧
posted by kuri-ma at 00:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする