ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年07月30日

(詩) 茜空には届かない 〜朝顔の詩(うた)〜  2017


明け方の爽やかな陽射しに呼びかけられ 
目覚めた朝顔は、
愛の喜びを知り、
満面の笑顔を広げました★

6904405朝顔 by sae.jpg



「 茜空には届かない 」
〜朝顔の詩(うた)



 朝顔は朝が好き
 朝日に向かって大輪を開く
 雨の日も 晴れの日も

 ありきたりの日常だけど
 あきが来るまで 咲き続けよう
 鮮やかな青 淡いピンク

 青空に憧れて
 熱い思いに心を焦がす
 甘い夢 淡い想い

 あの人が通る道
 歩いていく後姿
 朝顔の滝壁が涼しげに揺れている

 朝顔は朝が好き
 赤い夕日は見たことがない
 あんなに丈を伸ばしても
 茜空には届かない


朝顔が夢見るものは
朝日が昇る夜明けが来ること
明るい未来か 
明日への希望か

暑い夏は 晴れの舞台
ありったけの力でつるを伸ばし駆け上る
厚い緑のカーテンも 竿のタワーも

朝顔は朝が好き
朝露に濡れながら
愛に命をかけるけど
明るい間に花を閉じる


朝は愛に目覚め
昼は愛に身を焦がし
夕は愛の余韻に浸り目を閉じる
夜は愛のゆりかごに揺られ
また新しい朝が来て 
希望の中で花を開く


朝顔は朝が好き
朝日に向かって大輪を開く
雨の日も 晴れの日も

朝顔は朝が好き
赤い夕日は見たことがない
あんなに丈を伸ばしても
茜空には届かない




朝顔の「あ」の頭韻でつづった詩。
紫陽花は雨が好き」という詩を
もじって作り始めましたが、
全然趣きの違う詩になりました。

太陽が照り輝く日中をすぎると、
朝顔は陰りを見せはじめます。
あんなにひろげていた花は
夕方までには閉じてしまいます。
日没の慈愛に満ちたオレンジの光が 
きりりと閉ざされた白い蕾によく映えます。
そして、朝になると
また かわいい花を開くのです。

2連目「あきが来るまで」は
「秋が来るまで」と、
「飽きがくるまで」の
掛詞(かけことば)
「亜紀が車で」ではありませんが…(笑)




よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:朝顔  by saeさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
お楽しみください
 

プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック