ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年07月04日

(詩) もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら  2017



2822692ばら園のアーチ.jpg


もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら




 ロミオとジュリエットの 残した夢が 
 ロマンティックな 空気を作っている
 ローズの香りとともに
 ロミオはロマンを 
 ジュリエットは純愛を 形作る名前となった 

 純白のウェディングを夢見る人に 
 受難を越えて結ばれるようにと 
 時代を越えて 語り掛けている
 十代ではかなく消えて 永遠の国の住人となった 

  ロミオの未熟さ
  ジュリエットの若さ

  二人の越えられなかったものは 
  現実と 共に生きる未来
  神にもらった命を
  お互いのために あっさり捨てた

  ロミオは LOVE(愛)を得るために
  ジュリエットは 純潔を守るために

  愛が命を越えたから 
  年も取らず いさかいもしない代わりに
  もう誰も二人を
  引き裂くことはできない

もしも死なずに結ばれたなら
ずっと二人でいられただろうか
ロミオはロマンを 
ジュリエットは純情を持ち 
  美しく老いただろうか


 ロミオとジュリエットは
   いまや一対の 切り離せない神となった
 純粋すぎた夢は 明日に置き去りにして
   あきらめ切れなかったものが空しく漂うだけ
 ローズの香りのように



ヴェローナ ジュリエットの家.jpg
ヴェローナ ジュリエットの家 バルコニー


ロミオの「ろ」と
ジュリエットの「じゅ(じ)」で
作った詩。
三月さくら、Y部「眠り姫と眠り王子」の最後を飾る節と
同タイトルの詩であり、最後に挿入されています。

頭韻としてはちょっと中途半端ですが
今回少し加えて久し振りに
掲載します。2017.7.4

ジュリエットの家のあるイタリアのヴェローナは
ロミオとジュリエットの舞台となった町と言われています
架空の人物だった二人が 
この街では 確かに生きていたような
そんなことを感じさせる街のようですよ
詳しくはこちら→ジュリエットへの手紙に返事が届く?!

映画「ジュリエットからの手紙」?!Letters to Juliet




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
写真は:ばら園のアーチ
無断転用はご容赦願います


 
The Rose





トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください 
下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック