ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年06月18日

(詩) 露と梅雨とつゆの詩(うた)  2017


梅雨の季節。
じめじめとならず
適度な潤いが
いいのですが…★
ときどき雨。
 


露と梅雨とつゆの詩(うた) 」



月並みな恋でいい
月並みな言葉でいい
作り笑いもいらない
積もり積もった思いは
ついに満たされる

夢はささやかだけど
ゆっくり歩いてくれる?
行方知らずだった 君の心は
ゆるやかな カーブを描いて 僕のもとに


月並みな出会いだけど
月並みより 好きだったよ
机の上の 計画ではなくて
次々起こる偶然の連続が
ついには奇跡になった

夢と現実のはざまで
勇気が持てなかったね
行方知らずだった 二人の未来は
ゆったりと 弧を描き 幸せへ続く 


つれなくしてごめん
冷たく突き放したことも
つよがりも わがままも
ついつい 怒らせてしまったことも
つながりを信じてたから

夢はささやかだけど
ゆっくり歩いていこう
行方知らずだった 僕の心は
ゆるやかな 愛を持って 君のもとに




「つ」「ゆ」で遊んでみました。
タイトルは梅雨がでてきますが
「つゆ」の「つ」と「ゆ」で
頭韻を踏ませている以外は
季節感も入っているわけではありません。
梅雨ともいえるし、露ともいえるし、
どっちでもないのですが…
こういう言葉遊び的な詩は好きなんです。





よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:ときどき雨。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック