ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年04月16日

(詩) すみれが愛される理由は  2017


爽やかな春を
ただ謳歌することができない人もいます。
寂しがり屋の意地っ張りは特に…。

春真っ盛り。
そして、季節はまた移っていきます。。。★

すみれ



「 すみれが愛される理由は 」



すみれが愛される理由は 
すっとした立ち姿の麗しく 
好きだよと言われたら 
俯きがちに ほほ染めて 
素直に微笑むから 

タンポポがかわいい理由は 
明るい陽射しの色をもらって 
一心にあなたを見上げて 
満面の笑顔のように 
花を広げてくれるから。 

すみれが愛される理由は… 
タンポポがかわいい理由は… 

私がちっとも愛されない理由と 
私がちっともかわいくない理由とも 
重なるものがあるのかもしれない 

すみれが愛されるように 
私はもっと素直になって 
タンポポがかわいいように 
私も笑顔であなただけを見上げて 
そうしたら 
行く春の流れを止められるだろうか 

すみれが愛される理由は 
私が愛されない理由? 
タンポポがかわいい理由は 
私がかわいくない理由? 

すみれの色が褪せる時 
タンポポも綿毛に変わる 
ずっと飛んで行きたかった 
あなたの許に 
真っ白な綿毛を落とす 
またそのかわいい分身が 
一心にあなたを見上げて 
花開く明日を想って 


2010.12.18 追分市民の森 キャベツ畑の畦にタンポポ



行く春、
行こうとする季節を
ちょっと感傷的に
詩にしてみました。
本当は素直なすみれ
明るく笑顔のタンポポのような
人なのでしょう。
そして、こんないじけた人にも
今を輝く人にも
平等に春の日差しが注がれるように、
見えない神様の愛も降り注がれています。
時が過ぎ、
かわいい花たちも
色褪せ、しおれ
枯れていきます。
でも、タンポポの綿毛のように
また受け継がれていくものもある。
行ってしまいそうな春の季節と
未来永劫、繰り返す
四季の巡り。。。



よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

写真は:すみれ
by (C)ヨマさん
キャベツ畑の畦にタンポポ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください 
下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449090811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック