ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年03月31日

(詩) 桜、それしか目に入らない 2017   〈三月桜祭り〉


〈三月桜祭り〉
桜は多くの人を呼びます。
年で一番のお祭りの
季節です★

想いの桜。


「 桜、それしか目に入らない 」



桜並木に、花びら模様の街道
いつもは人知れぬ並木道
この季節は花の数だけ 人が押し寄せる

人々は花形の大型女優、枝垂桜に御満悦
やはり人気は当代一のアイドル、染井吉野48
バックの山には八重桜、次期スターは確実

春の陽射しのスポットライトを浴びて輝く木々たち
細い枝に、豊満なドレスをまとい、
普段より、数倍も大きく見える


 人の目は都合よく 見たいものだけに焦点を合わせる
 高い電柱も、そこから伸びる電線も
 違法駐車の列も、迷惑な自転車も
 信号機も、道路標識も目には入らない
 桜、それしか目に入らない
 ただ美しい花盛りの桜だけ 心に留める

 春の陽射しのスポットライトを浴びて輝く木々たち
 細い枝に、豊満なドレスをまとい
 普段より、数倍も大きく見える


  私の目は敏感に 見たいものだけを瞬間に察知する
  人通りも、喧騒も、滝に打たれたように消え失せる
  余分なものは 目に入らない
  桜、それしか目に入らない
  花弁を散らす美しい桜
  ただ あなただけ 心に焼きつける

  春の陽射しのスポットライトを浴びて輝く木々たち
  細い枝に、豊満なドレスをまとい、
  普段より、数倍も大きく見える


    舞い落ちる桜吹雪は 別れの挨拶
    素晴らしいショーの終焉
    最後まで あきさせない
    演出は燦々と差す太陽の光
    背景は青空と黄色い菜の花
    時々吹き抜ける粋な風の効果は計算のうち
    本物で勝負 だからといって夜のライトアップも
    きらいなわけじゃない 

    春の陽射しのスポットライトを浴びて輝く木々たち
    細い枝に、豊満なドレスをまとい、
    普段より、数倍も大きく見える

    春の陽射しのシャワーを浴びて輝く姿
    桜、それしか目に入らない
    ただ あなただけ 心に焼きつける





2013年に作りかけていた詩を元に
2年前完成させました。
桜の詩は生もの。
桜の花も、冬の寒さの中
準備されているのです。

昨年「花弁を振りまくのは」を
「舞い落ちる桜吹雪は」に
修正しています。

桜の時期を逃さないために
このブログも今日から〈三月桜祭り〉を開催します。
トップページは、日替わりで詩を紹介します。
今日一日はこの詩の番です。
(小説の連載はその間お休みとさせて頂きます)




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:想いの桜。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

「季節の詩 愛の詩」一覧


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448570169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック