ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年02月12日

(詩) 私の心には温かい雪が降っている  2017


心の中に降る雪は
いつまでも清く
白く、
そして温かいようです★


蝋梅も冷たいよ〜



「 私の心には温かい雪が降っている 」



雪はなぜなのかすべてを真っ白に覆い尽くした後
心の穢れをみな 浄めてくれたのか

私の心には温かい雪が降っている

雪が消えるとき
曇っていたはずの窓ガラスの
汚れも一緒に解け落ちる
雪が解けるとき
顔についた涙の跡も
きれいに拭い去ってくれる


雪はなぜなのかすべてを真っ白に覆い尽くした後
その痕跡も残さず 姿を消してしまう

私の心には温かい雪が降っている

日陰に残された雪は
解けて凍って はねた泥混じりに
固まって その名残を留めるけれど
すぐに消えてしまった雪が
純粋な本物の雪
今残る雪は、ヘンに固まった
けしてきれいではない
無様(ブザマ)に踏みにじられ 
変形した私の思い
「雪が残ってる!」と人は言うけれど
もう、けっして触れようとはしない
もう、本当の雪には戻れない


私の心には温かい雪が降っている

もう消え去ったのに
降り始めの感激と共に
純白の雪が胸に残る
もう解け去ったのに
はしゃぐ私の心は
子どものように止められない


雪はなぜなのか私の心を真っ白に覆い尽くした後
晴れた空高く昇華していった

私の心には温かい雪が降っている

以前と違う私
昨日までなら、解け残った雪に未練をもっただろう
いつかはすべて消え果ててしまうもの
傷が癒えるのは 自然に任せて
毎日毎日 雪の結晶を再現しよう

跡形もなく
雪は消えたけど…
私の心には温かい雪が降っている
私の心には温かい雪が降っている



この詩が誕生した時
旧正月の元旦の瑞兆を表わす雪が降りました。
それだからか
なんだか不思議な気持ちがして
神聖な思いに駆られました。
雪は「清浄」を意味するんだなと思います。

「洗雪」という言葉があります。
罪、咎を雪で洗い清める
恥を拭い去るという意味かと思います。
汚い思い
恥ずかしく消し去りたいこと
悔しく思うこと
良くないと思いつつも抑えられないジェラシー
涙の跡や、ごまかしや間違い…
そんな、人には決して見られたくない本心も
雪は一旦全てを覆い尽くして隠してから
さっと清めて失くしてくれるのです。

これは、汚れ放題だった自家用車が
すっかり雪に覆われてしまったのですが、
被った雪が解けて落ちていくと
一緒にその汚れまで解け落ちて、
なんと 洗車したように
ぴかぴかになってしまったのでした!
その、深い感動から出たものでもあります(笑)




よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:蝋梅も冷たいよ〜
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

「季節の詩 愛の詩」一覧
【関連する記事】
posted by kuri-ma at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック