ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年01月15日

(詩) 一生懸命な一月、逃げ出しそうな二月 2017


一月は「行き」
二月は「逃げ」
三月は「去る」といいますが
「三月さくら」では…★

義理と人情を秤にかけりゃ、チョコット重たい義理の世界。


「 一生懸命な一月、逃げ出しそうな二月 」



一生懸命な一月 
一月と三月の狭間で
   逃げ出しそうな二月

一生懸命な人の一月 
息をつけないくらい 真剣に 
一生懸命な一月を過ぎ  
二月を行く時  
忍耐という言葉を 思いつつ行く 


虹の七色は
にわか雨の涙と 太陽の笑顔で出来ている

人魚姫の真心は 届かなかったの?
偽物の愛を選ぼうとするの?

    
一生懸命な人の一月 
息をつけないくらい 真剣に 
一途に 生きてきた
意地悪な運命のいたずらで
いつでも 貧乏くじばかり それでも笑っている
イエスマンにはなりたくないけれど

逃げてしまいそうな二月 
憎さあまって かわいさ百倍?!
西に日が落ち 東に明ける
苦い薬は 効きやすい
にっちもさっちもいかない心
煮るなり焼くなりしてほしい?!

一生懸命な分だけ
   逃げ出しそうな二月


虹の七色は
にわか雨の涙と 太陽の笑顔で出来ている

人魚姫の真心は 届かなかったの?
偽物の愛を選ぼうとするの?

    
二月の寒さと厳しさの極まりの中で
人間の義理と
人情の 狭間で揺れる 
一生懸命な分だけ
   逃げ出しそうな二月




一月の「い」と、
二月の「に」の頭韻を踏ませてます。
今《冬の厳選》として連載中の
「三月さくら」の第T部のタイトルと
同名の詩です。

一月は「行き」
二月は「逃げ」
三月は「去る」といいますが
「三月さくら」では、
一月は「一生懸命」
二月は「逃げ出しそう」
三月は「さくら待つ月」
四月は「しあわせの始まり」と表現しました

皆さんには、どんな12ヵ月となるのでしょうか?




よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:by (C)芥川千景さん
義理と人情を秤にかけりゃ、チョコット重たい義理の世界。

↑ 好きなタイトルです。
「義理」と「人情」の板ばさみと言いますが
現代では、「義理」というのは「チョコ」と連想されるようです。

画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

「季節の詩 愛の詩」一覧

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック