ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年09月20日

(詩) 八月の栞(しおり) 2017  〔「8月」の「は」の頭韻〕


八月。
私の取り置きの
とっておきの夏を
こっそり教えます・・・★

2015.07.21 追分市民の森 木漏れ日


八月の栞



 遥かな夏に誓ったことがある
 晴れた空のように笑っていようと

 八月の栞
 はさんでおいた優しさ
 白紙のままの私の心

 遥かに見えていた夢 近づけてゆく
 はじかれていたピース もう一度はめ込んで
 犯人探しはもうやめて
 はじめから始めよう 言い出しっぺの私から

 八月の栞
 反対に返しても 私は私



 離れていても 心はひとつ
 はっきり言わなくても 以心伝心?!

 八月の栞
 はさんでおいた記憶
 はい、今日はここまで 続きは明日

 走り書きのメモの中に 込められた真実
 はみ出してしまいそうな気持ち 抑えてきた
 はぐれ雲 ひとつ見つけて
 葉陰にそよぐ風のように 自由になる

 八月の栞
 晴れても曇っても 笑っていくよ



 遥かに見えていた夢 近づけてゆく
 はじかれていたピース もう一度はめ込んで
 犯人探しはもうやめて
 はじめから始めよう 言い出しっぺの私から

 八月の栞
 はっきり愛された記録
 裸足で砂浜を歩いた感触

 八月の栞
 反対に返しても 愛情は愛情




 八月の栞
 はさんでおいた思い出

 八月の栞
 晴れても曇っても 笑っていくよ

 八月の栞
 反対に返しても 真実は真実

 遥かな夏に誓ったことがある
 晴れた空のように笑っていようと

 八月の栞…




「8月」の「は」の頭韻第4弾
何年も前に
「八月の栞 はさんでおいた思い出」
という一節だけ書いていたのですが
このように、一つの詩にすることができました。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:木漏れ日
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください ↓ 


下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


「季節の詩 愛の詩2017」一覧

posted by kuri-ma at 06:06| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする