ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年08月12日

147 夏の忘れ形見 さちの娘みち9 ❀三月さくら2017❀  【三月さくらZ-3】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
5794226アガパンサス by D-cuprio.jpg


さて、みちの婚約者の発表は?
有力候補がいたはずですが…
昂輝とみちの会話の続きから★


「ここには来てもいいって許可はもらえたんだけど、志貴までも、叔父さんたちが選ぶ相手の方が君を幸せに出来るって言うんだ。
 どうしたら俺が認めてもらえるか考えて、俳優に本腰を入れた。何かこれってものを掴めるまでは、君とは会えないと思ってたんだ。覚悟がゆらむから。
 ごめん。この間の打ち上げでも素っ気なくして。君の気持ちも知らなかったし、志貴からいよいよ君の婚約者が決まりそうだって聞いてたから、今日あたり来てるだろうなって思って、ここに来るのも全然気が乗らなかったんだ」
「私の婚約者って?! 」
「さっき紹介されてたんじゃないの?君の叔母さんと一緒に話してたよね。大木とかいう…」
「ああ、大木さんなら、従姉の相手にどうかと言われてる人よ。私のために誰か他の人が呼ばれたことはないわ」
「どういうことだろ。さっき社長が…」
「叔父さんがこの部屋に入る前、言ったのよ。『さぁ、ずっと王子を待ってたんだろう?中にいるよ』って。ねえ、叔父さんが、ここに来るように言ったんでしょ、今日も」
「うん」
「前の時もここに来るのを許可されたって」
「志貴の友人としてだよ」
「ここには、ただの友だちを簡単に招待しないわ。家には呼んでも、ここに来るというのは、なんというか…」
「どういうこと?」
 聞きながら、昂輝は理解できたような気がした。ここに呼んだ初樹の意図も。自分はとっくに許可されていたんじゃないか、きっと。
 昂輝はみちににっこり笑い掛けて言った。「行こう。君の叔父さんに話をしなければ」
 彼はみちの手を引いて、初樹の許に直行した。その場にいた者たちは、皆そのカップルに注目した。皆が心の中で応援していた二人だったから。
「出来たの、告白」と、初樹は言った。
「ええ」昂輝はいっぱいになりそうな胸で、息を吸い直すと言った。「…あの、お願いがあります。…みちさんと、お付き合いさせて頂きたいんです」
「君が健全に付き合うと約束するなら」
「はい」
「ようやく出来た」
「?」
「長い間、ヤキモキさせて。みちが王子をずっと待ってるのに、見かねてたんだ」と、初樹は笑顔で言った。彼の傍らには麗美が来ていた。「この人も、みちの相手は君以外有り得ないって、入れ込んでてせっつくし、俺も間に挟まれて気をもんだよ」
「俺のこと、認めてくれてたってことですか?」と、昂輝。
「だから、ここに招待しただろう、渡米前に」
「そうゆうことだって、俺は知らなくて…。どうして言ってくれなかったんですか?」
「最初は言わないのがルールだよ」
45

昂輝は二年前の最初から
さちの婚約者候補だったんですね。
本人だけ知らないまま…。

引き続き、↓次の回もご覧ください。






41989141_v1341507253.jpg


叔父の立場として
みちと昂輝に
OKを出した初樹でしたが…★


「君がどういう男か知るための期間が必要だったし。いい奴だから認めてもいいかと思っていたら、渡米するというし、勉強するのを邪魔するのは、なんだし…」と、初樹は弁解を連ねた。「みちとの相手役に決まってからは、役に集中させたかったしね。言ったら、役どころじゃなくなってたろ?」
「まぁ、そうですが…。社長も、志貴も、人が悪いな」昂輝は言いながらも、もう気にしていないようだった。「以前、生き方をワイルドにしろって、言われたでしょう?すっごく刺激になりました。今もあんまり変わってないですけど」
「まぁ、ワイルドって柄じゃないよな、君は。でも、別の意味で男っぽくなったと思うよ」
「はぁ」
「君を見ていると、シド兄、…みちの父親を思い出すよ。一見、ストイックで真面目風なんだけど、けっこう型破りというか、マイペースなところもある人だったんだけどさ…」
「みちさんのお父さん…?」
「どことなく似ているよ」
「パパに似てるかな?」と、みちが口を開いた。「どんなところが?」
「男前のところとか」と言って初樹は笑った。「うーん、そうだな、言い出したら聞かないところかな。一途というか、頑なというか…」
「そうね、奥さんに一途な人だったものね」と、麗美が思い出すように言った。
「会いたかったですね」と、昂輝が言った。
「君は、会えなくてよかったよ。生きてたら、絶対みちを手放すわけがない。難癖を付けて、ねちねちいじめたかもしれない」と、初樹が笑った。
「いじめてたのは、あなたじゃないの?」と、麗美が言った。
「何を言い出す。君が肩を持つのはわかるよ、昂輝はイケメンだからね。言っとくけど、最初会った頃は、まだ甘いマスクでなんでも許されるって感じの、うぶいだけの奴だったんだから」
 昂輝は、初樹たち夫婦のやり取りを聞きながら、心が、霧が晴れるように晴れ渡ってくるのを感じていた。自分に自信がないから、逃げるようにここを離れていたのに、そんな自分を待っていてくれて、こうやって受け入れてくれる。そんな温かさに、昂輝はようやく気付いていた。
 初樹はまた昂輝の方に向いて言った。「それから、みちの母親にも、早めに挨拶に行くこと。お祖父さんとお祖母さんも待ってると思う。お祖父さんは話が長いと思うけどね、しっかり聞くんだよ。このコミュニティーの神様的存在の一人なんだから」
「はい、わかりました。近いうちに、丹野家に行きます」と、昂輝は律儀に答えてから、切り出した。「あの、二人で外に出たいんですけど、今」
「今?!外で君たちが会うのは、まずいんじゃないか?」


2010.07.02 和泉川 アガパンサスの小道

46

無名の頃のデートの約束。
今、それを果たそうというのは
無茶そうですが…
“星の家”ファミリーなら
どうする?
登場人物の確認は家系図をどうぞ。 
(さちの父、志道が亡くなった頃の家系図。この物語は、数年後の設定です)
  「三月さくら」シリーズ 前後のお話は こちらから。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:「アガパンサス」by D-cuprioさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います
アガパンサスの小道
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


posted by kuri-ma at 06:03| Comment(0) | さちの娘みち 【三月さくら】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする