ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年05月18日

71 《三月さくら》 微笑みの法則3 〜空&初樹〈終〉9  【X-3】2017



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
137950225_v1349907550.jpg


大好きな麗美と
二人で過ごす一日…。
その成果は?★


 さて、函館にて──。初樹と麗美は、大満足の昼食の後は、仲のよい女友達がするように買い物に興じたり、観光スポットで写真を撮ったりした。
 帰りの飛行機では、麗美はコンサート疲れがあったし、初樹も早起きだったし、二人とももたれ掛かるように眠ってしまった。
 麗美が買い込んだ土産とともに、彼女を家に送り届けて、初樹は帰ろうとした。すると麗美はその土産の大半を、初樹に渡した。他の所には、宅配で送ってあるからと言って。
 二人きりで一日を過ごして、彼らの間には、更に親密な情が生まれたようだった。しかしそれは、まるで友だちのような、そして、やはり姉と弟のような関係に見えてしまうのだった。
 初樹にとっては、ただ麗美と一緒にいられるだけで満足なのだから、上々の一日だった。

 翌日、麗美のお土産を橘家におすそ分けに行って来た葉摘が、初樹に向かって言った。
「あなたはそれで上機嫌なわけなのよね」
「姉さん、母性本能って言うだろ。それって、女の子には大きいのかな?」
「何いきなり」
「星矢兄に感じたりする?」
「母性本能を?彼は七つも年上だし、まじめで落ち着いてるから。でもね、かわいいって感じることもないわけじゃないな。その人の弱みというか、両親に弱いじゃない彼。特にお母さん。人間的な部分って、逆にチャーミングに感じたりするわね。母性本能か。きっと大きいわね、女にとっては。『私はこの人にとって必要なんだ、私がいなければ』って部分…」
「ふーん」
「ねぇ、どうして訊くの、そんなこと。麗美ちゃんに母性本能くすぐられるって言われたとか」
「そんなことあるわけないだろ」
「言わないわね」
「そうだよ」初樹はふーっと息をついた。
「空兄に言われたんだけどね。俺がおばさん受けがいいのは、母性本能をくすぐるからだって。母親がいないっていうのが、どうのこうのって…」
「確かにみんながみんな、あんたには甘いわよ。あんたも甘え上手だし」
「甘え上手。意識したことないんだけど」
「さて、それが麗美さんに効果的かどうかな。私はあんたのそういうところ見ると、やり込めたくなっちゃうけど」

 場所は変わって星の家≠ノて、治郎が一朗たちに漏らしたことには、「やはり初樹で正解だった。麗美も弟のようにしか思っていないみたいだし。奴も、不相応な望みはしないようだから安心したよ」
「そうか。合格か?」と一郎が言うと、
「ああ、イチさんの息子だから、その時点で合格だけどね」
7

初樹と葉摘との会話、
父たちの会話もまだ続きます。
↓引き続き次の回も、お楽しみください。






144286377_v1349922930.jpg


初樹の初恋は
実るのでしょうか…。
今日は
「微笑みの法則」の謎にせまります。
父親たちの会話、
葉摘・初樹姉弟の会話の続きです。


「初樹って一体なんなんだろうね?」と治朗。
「ん?」
「あれは、ポチかな。尻尾を振ってくると、むげにできなくなる。それに、ムードメーカーだね、和むというか、癒されるというか…」
 一朗はハハハと、可笑しそうに笑った。「初樹は、俺よりお前に似てるのかもな」
「初樹は治郎の店で育ったからな」と、星一も言った。「葉摘ちゃんは、みどりにも似てるよ。葉奈ちゃんにそっくりだけど、子供の頃は、よくここに来てたからな」
 母親のいない姉弟を、皆で見守ってきたのだ。どちらかというと、葉摘は蒔原家の担当、初樹は丹野家の担当で治郎のお気に入りでもあった。
「でも、誤解しないでよ、イチさん。初樹を麗美の相手として認めたわけじゃない。あいつはまだガキだし、ただマネージャーとして試してみるけど、まだ使えるかわからないんだから」
「ああ、いいんじゃないか。でもな、初樹は見た目よりタフだよ」
「じゃあ、こき使わせてもらうよ」と、治郎は笑って言った。


 葉摘と初樹の姉弟の会話は、更に発展して、大切な鍵をつかめそうだった。
「ところでね、そういう空兄こそ、母性本能をくすぐるタイプよね。美和ちゃんとはうまくいってるみたいだし」と、葉摘は言った。
「空兄のどんなとこが?」と、初樹。
「あの、笑顔とか…」
「うん、それは確かにね。俺も笑顔の練習しようっと」
「笑顔の練習?」
「空兄は秘密の朝練してるんだよ」
「何の?」
「だから、笑顔の。空兄の微笑みはだから完璧なんだよ」
「天然だって言ってたじゃない」
「そうだよ。天然に更に磨きをかけたんだ。演技とか計算じゃないけど、法則があるんだって」
「ふーん」
8

母を知らない初樹。
それを思うだけで、
不憫に思ってしまう人たち。
みんなに守られて成長したんでしょうね。
麗美は「高嶺の花」のままのようですが…。

明日は最終話です
↓引き続き次の回も、お楽しみください。






56527485_v1349907613.jpg


「微笑みの法則」の最終話。
今日は、微笑みの師範、
空に話を〆てもらいましょう★


「このスマイルには自信があるんだ」
 初樹の質問に、空は、爽やかに微笑んで見せた。
「お兄ちゃんの笑顔って、意識的だったの」と、一緒にいた麗美が言った。
 あれ以降、初樹は仕事をダシにして麗美と共に過ごせることで、満ち足りた毎日だった。今日のように仕事の空きに“Jiro's home”に二人して顔を出すこともあった。
「意識しても意識しなくても、この微笑みは俺のものだよ。俺が微笑むと、その微笑みが俺の心を何かで満たす。心から出た微笑みでなくてもね。そして、俺が微笑むと、必ずそれが通じる。相手が微笑みを返してくれる。更に俺は微笑む。心が温かいもので満たされる。
 だから、意識しようがしまいが、俺は微笑みから得た蓄えがあるからね。いつも、完璧だろ」
「それ、もらったわよ、お兄ちゃん」と、麗美が言った。作詞のヒントになったのだろう。
「天性のものと、訓練の賜物だね」と、初樹が言った。「空兄は、黙って笑ってるだけの方がいいよ。美和ちゃんだって、空兄が喋り過ぎるから、最初軽薄な男だって誤解したんだから」
「そうだな。俺も気付いたところ。反省してるんだ」と空。
「お兄ちゃんの最大の強みよね、その微笑み」と、麗美。
「俺の唯一の取り柄だったかなぁと、思ってる」と、言う空の顔にはやはり、無敵の微笑が浮かんでいた。


 昔、ほんの小さい頃、言われたことがあった。「天使の微笑みよね」と。
「空がそうやって笑ってくれると、ママの痛いのも飛んでっちゃうわ」
 それから、空は微笑みを意識するようになった。母が少しでも悲しそうだったりすると、「ママ、どこか痛いの?」と聞いては、笑顔を向けた。
 その母が、泣いていたことがあった。空は意識して、思いっきり笑顔を作った。
「痛いんじゃないの。でも、空のその笑顔はママのお薬ね。あのね、空、葉摘ちゃんたちのママが亡くなったのよ。今夜お通夜に行くわ」
 その言葉を聞くと、空の顔に浮かんだ微笑みは凍りついたように、こわばった。彼は小学生になった年で、初めて人の死を目の当たりにしたのだった。
 お通夜の席では、空のその得意の微笑みは凍結したままで、そっと浮かべることすらできなかった。そんな雰囲気ではなかった。声も掛けられないくらい悲しく沈んだ顔ばかりだった。
 そんな中、目に飛び込んできたのが初樹の笑顔だった。まだ二歳になったばかりの彼は、母親の死など理解できなかった。じっとしていられる年ではなく、遺影に向かって「ママだ」と、嬉しそうに言った。
 空は、「僕が初樹を見てるよ」と言って、その場から連れ出した。笑い掛けると、嬉しそうに笑顔を返してくれた、初樹との、その通じ合った感覚を、忘れることが出来なかった。
 その晩は、青山家の子供たちは来ていなかった。結局志道と麗美と一緒に、葉摘と初樹を遊ばせることになった。
 葉摘と初樹は麗美を取り合った。「お姉ちゃんがいい」と言って。空はなんとかして、初樹の気を引こうとした。
 初樹はとても人なつこくてかわいかった。そういえば、その後もよく父の店に来ていた初樹をめぐって、麗美と喧嘩をした。どっちが隣に座るだとか、どっちが手をつなぐだとか。
 空にとって、母の言葉が発端だった。そして、初樹が火付け役だったかもしれない。彼が微笑の法則を発見して、それを体得するための。

『どうせ、麗美の方がいいんだろう』と、空は初樹を見ながら思った。
『麗美、初樹をやるよ、今なら隣に座っても、手を繋いでもいいぞ』と、心の中で麗美にも声を掛けた。
「何、空兄?」と、初樹が怪訝そうな目で見ていた。
 空は、その顔に鉄壁の微笑みを浮かべ言った。「愛してるよ、初樹」
「だから空兄は口を開かない方がいいよ」と初樹が一度作った真顔を、笑いで包み変えて言った。「誤解されるから」  
9

「微笑みの法則」完

これで、おしまいです
物足りなかったですか?
初樹や空は、まだこの後の章でも
重要な役割を果たします。
またの登場をお楽しみに。

通し番号に改め、この章については
いったん全部直しました。
また明日以降、更に表示方法を変える予定です。

登場人物の確認は家系図をどうぞ。
    橘家家系図も参考にどうぞ
「三月さくら」シリーズ前後のお話は こちらから。




よい一日、よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:「六月の西風。」
ウラゴマダラシジミ
芥川千景さん
ヒャクニチソウにモンキアゲハ
by (C)ひでわくさん
なかよし。
by (C)芥川千景さん
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/22631ot4ede4

http://novel.blogmura.com/rpc/trackback/76590/22631ot4ede4
http://novel.blogmura.com/rpc/trackback/86033/22631ot4ede4
http://novel.blogmura.com/rpc/trackback/77953/22631ot4ede4
http://novel.blogmura.com/rpc/trackback/106048/22631ot4ede4
http://novel.blogmura.com/rpc/trackback/73540/22631ot4ede4