ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2017年05月08日

〈終〉6 《海、山、街'17》 〜待ちびと暮らしの達人たちへ  【三月さくらX1】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
シベシズク。


クライマックスが近づいてきました。
星矢と葉摘の様子は
一気に恋人という雰囲気の
「ふたり」になりました。
頑固親父・星一VS息子・星矢の会話から。
星矢の傍らには葉摘がいます★


「どうして二人は付き合いたいんだ?」
「…」
「お互いのことが真剣に好きなのか?」
 二人は顔を見合わせた。
「どうなんだ、星矢?」
「好きだよ」
「よーし」星一は言った。
「OKせざるを得ないよな、葉摘ちゃんにそんな目で見られたらさ。それに他のうるさい奴らに何て言われるか分らないからな」
 いつの間にかすぐ後ろに、一朗、治郎、みどりたちが来ていたし、若者たちもその後ろから様子を窺っていた。
 治郎が言った。「思いがけずこういう場に立ち会えて光栄だな。思い出すよな、もう三十年近くも前になるんだ」
 治郎はピアノに向かい、演奏し始めた。
「よかったよ。あいつがここで告白した時の話を始めたらどうしようかと思った。長くなるし」と、一朗が言った。
 治郎の生ピアノの中、皆に口々に祝福され、葉摘の目は潤んでいた。
 皆がピアノ寄りに離れていき、二人残されると、一朗が星一に言った。「マスターも人が悪いよ。以前と違ってオヤジくさくなったね。俺は星矢にいろいろマスターに訊けって言っといたのにさ。俺の時には随分親身になってくれたのに。年取ると人も変わるの?」
「星矢が本気かどうか、ちょっと試してみたんだ」と星一は言った。
「本当に?怪しいけどな」
「俺の深い思いを疑うのか?」
「まあいいよ、マスターのお陰で、二人には却っていい出発になったみたいだし」
「息子に対してとなると厳しくなるのさ。こういうことを、いい加減にさせるわけにはいかない。それに相手は葉摘ちゃんだ。とりわけ幸せになってほしいと思ってるからさ。
 未だに忘れられないんだよ。小学生頃までは、毎週土曜の昼前からここにお前と来てたよな。初樹とは治郎の店で泊まってさ、家に帰ると葉摘ちゃんが離れないって言ってさ」
「うん。葉摘は、ここに来るのを楽しみにしてた。父親を独占してさ。不憫だったけど、幸せだったよ、あの頃も」

 治郎の二人の息子、志道と空は、目の前で誕生したフレッシュなカップルを遠めに見ながらボソボソ話していた。
「星矢兄もやりますね」と志道。
 志道はこのような丁寧な口調で話すのが常だった。その話し方は、治郎の母方の祖父、つまり彼の曽祖父に似ていると言われていた。
「しまったな。こんなことなら、もっと早くアタックしておけばよかった」と、空。
 空はルックスでは兄よりも父親似で、その笑顔に魅了されるのは、若い女性ばかりではなかった。
「その気はなかったんでしょう?」
「今更横恋慕なんて出来ないよな」
「さっき口説いてたつもりだったんでしょうけど、全然なびいてなかったですよね」
「なんだか、すごく悔しくなってきた」
「その気だったんですか」
「あー、悔しいし、羨ましい」
「でも、似合ってますね、二人」
「まぁね、だから悔しいんだ。淋しい独り身は、兄貴もおんなじなのに、余裕だね」
 志道は最後は、フッと笑って、何も言わなかった。
11

志道と空の会話は
若き日の
一朗と治郎の会話の再現のようです。
次回は感動の(?)最終話です!!

引き続き、↓次の回もご覧ください。






2012.06.01 山手 港の見える丘公園 アリウム・ギガンチウムにキタテハ


主な登場人物、フル出演!
この章はおしまいですが
新たな出発を感じさせる
最終話です★


「俺たち、女縁薄いのかな」と、空がぼやいた。かつて父親たちも、この店で何度となくそんな会話を交わしたのだということを、彼らは思ってもいなかった。
 出会いの始まりはいつもわからないものだ。この二人の男性が、街を歩くとすれば、女性たちが振り向くような華を持っているというのに、意外な気がする兄弟の会話だった。

 “星の家”は、そこここで話の花が咲いていた。治郎のピアノは優しく楽しげに、また幸福を感じさせるメロディーで三つの家族を包んだ。
 みどりと陽子、星一と一朗、そして若者たちでそれぞれ話が盛り上がっていた。
 輪になった若者たちの中心にいるのは、丹野家の女の子たちだった。
 後にシンガーソングライターとしてデビューする長女の麗美、そして末娘の未来。タイプこそ全然違うが、どこか似たような雰囲気があるのは、同じ親から出た姉妹だからだろう。麗美は、その名の通り優雅な雰囲気を持ち、未来は生来の愛嬌を持ち、美しさではここにいるどの女性をも抜きんでるものがあった。
 若者たちのグループから、まず分離したのが空と初樹だった。
 空はいつもなら接客で培った社交術で、若い女性に笑顔とお世辞を振り撒くところだったが、今日は彼の妹たちが話の輪の中心にいた。彼は場所を移し、母親たちを喜ばせることにした。
 その横にいるのは初樹だった。彼は取り合えず心配していた姉と星矢とのことが解決したのでホッとして、前から気が合い兄と慕う空とペアを組んで、あちこち渡り歩いては、おば様やお姉様たちのご機嫌取りを、やはり気楽そうにしていた。
 蒔原家の桃と、末っ子の碧斗は、結局は丹野家の姉妹のお喋りの中に最後まで残されていた。
 志道は、皆の中間にいて穏やかに観察していた。未来はいつになく楽しそうだった。父の心配がよく理解できる彼は、これはいい滑り出しかもしれない、と思っていた。
 こうして、治郎がピアノを弾き終えた時、星矢と葉摘は既に二人で出掛けていたし、他の皆も帰り支度を始めていた。治郎が最愛の妻に告白した昔話の聞き役は、車で一緒に帰った家族だけだった。
 上機嫌な治郎の様子からして、若いカップルから得たインスピレーションを基に、新しい曲を作るのに違いなかった。
 丹野家の車が出るのを初樹が表まで見送って戻って来た。
「じゃあ、俺たちも帰るか」と、一朗は言った。皆の楽しげな姿を見られ、彼は満ち足りていた。この淋しいはずの男は、周囲の幸せを喜びにして今までのやもめ生活を過ごして来たのだ。
 一朗父子が帰ると、星一は、みどりと残った子供たち──桃と碧斗──に向かって言った。「今日は集まれてよかったな。イチと葉奈ちゃんの為にも、これからも続けよう」
 この日の“星の家”には、笑いが溢れていた。それは、これからも果てることがないに違いなかった。


運命の女神が
耳元で ささやく

やっとここまで来た
満足ではないけれど

待っていて 僕らが
契りを交わすその日まで

上を向いて 互いを
みつめて話したい

約束はきっといつか
守ってみせるから

まじめに言うよ 君に
誓ってもいい 本当だよ

嘘はなし もちろん
見得もいらない

安売りも 賭けも必要ない
負けも勝ちもない

まっすぐに 君の心に
近づいて行きたい

          海と山と街で
           うんと
           やっぱり
           待って

          海と山と街で
           うんと
           やっぱり
           待ってる…

運命の女神が 
見せてくれた 夢

やっとこれからは
間違えないで行ける

待っていて 僕らが
契りを交わすその日まで
            「 海 山 街 」


12
「三月さくら待つ月 四月幸せの始まり」
第[部「待ちびと暮らしの達人たち」
第1章「海、山、街」 
− 完 −


一挙再連載でお送りした
「待ちびと暮らしの達人たちへ」
第1章 「海、山、街」に
お付き合い頂きまして、ありがとうございます。
この第X部「待ちびと暮らしの達人たちへ」は
親の世代のお話から、次の世代に移りまして、
特に志道がメインとなる前の
橋渡し的なお話として、
実は後になって、
ふむふむと思える場面もあったんです。
さて、登場人物の中で
誰がお気に入りですか。

明日からは、この続きの物語
第3章第4章に始まる「空と初樹の物語」を
まとめて再連載します。

前後のお話 はこちらから→ 三月さくら 目次
   登場人物の確認は家系図で→ 三月さくら家系図2(「海、山、街」)




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:シベシズク。
by (C)芥川千景さん
アリウム・ギガンチウムにキタテハ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか