毎日クリックありがとうございます


にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ   にほんブログ村
 

2022年06月15日

(詩) 春がしおれてしまった  〜五月病の詩(うた) 2022〜


5月病の詩、
第2弾。
今度は女性の場合★
マツバユラユラン。



「 春がしおれてしまった 」
〜五月病の詩(うた)




春がしおれてしまった 
陽射しが暖か過ぎるだけ 
頑張っていたはずだった… 
柄じゃないのに五月病 

今でもまだ 行ってしまった 
春を惜しんでる 私 
行ってから追っても手遅れなのに
健気な自分を
褒めてあげたい、けれど

春がしおれてしまった
少し息切れしただけ
私にもできる気がしてた…
柄じゃないのに五月病

あなたが通り過ぎるとき
さっと薫風が香るように吹き
心が逆に萎えてしまうのは
春と一緒に
私もしぼんでしまったみたい

春がしおれてしまった
ちょっと待っていてほしかった
元気だけが取り柄の私…
柄じゃないのに五月病

何か花を咲かせたかったのに
咲く前に季節が行き過ぎる
うららかな日々は去り
花はないのに
葉だけが繁っていくように

春がしおれてしまった
新緑は目に眩しすぎて
気後れがしたまま…
雨が初夏を連れてきた




新緑の爽やかな季節に
なんだか爽やかじゃない
5月病というのが
毎年流行するようです。
これってどう克服するの?
自然に任せるのがよいのではないでしょうか。
いつもまっすぐ頑張っている
だけど、うまくいかなかったりする
そんな
あなたに贈ります💓

一部修正2019.5.11




よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:マツバユラユラン。
 花の名はマツバウンランです
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


「季節の詩 愛の詩2019」一覧

トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

8 眠り姫と眠り王子‘22 家族2 志道の行く道  【Y1-1】



小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
雨の日だから。


今日は家族の中心、
志道の父、治郎の喋りです。
彼の言う“運命の神様”とは?★


 そして、翌日志道は、治郎に同様の話をしたわけだが、父の反応は母のそれとは違っていた。
「母さんとお前が見込んだ訳だから、まぁ付き合ってみたらいい」と言った後で、とうとうと治郎の話は続いた。
「とはいえ節度は保って、友人としてもっと相手を知る期間があってもいいだろう。好きだっていう気持ちだけで、雰囲気に任せていけば、深い仲になるのは簡単だ。でも、一生を共にする相手ともなれば、相手だけでなく家同士のこともある。そういうことも含めて責任を持ってあげれるか、そういう覚悟も必要だよ」
「好きだって思いだけではだめなんですね。確かに閃いたんだけど」
「ひらめいたり、っていうことは重要なことのようだが、それからどういう風にそれを具体的に愛し合う形にするか、ってことが大切だと思うよ。これは、運命の出会いだって、恋に落ちる時はみんな思うんだ。でもそれだけで上手くいくとは思わない」
「父さんはどうでしたか?」
「父さんも母さんと初めて会った時、魂に響くようなものがあった。でもだからこそ、自分の生き方を見つめ直したし、父さんの場合は敢えて母さんから好かれているのがわかってる上で、“星の家”で一緒にバイトする期間は、自分の気持ちを出さなかった。
 付き合うようになってからも、三和の家には自分の家のようによく行っていたし、母さんはまだ学生だったから。とてもいい期間だったと思っているよ」
「どうしたら、父さんたちのように、愛を実らせることが出来るんでしょうか?」
「俺に反対されたらあきらめるんだって?」
「もしも本当に父さんが反対なら、ですよ。そんなに簡単にあきらめるつもりはないです」
「俺が反対する以上に、運命の神様に見放されることの方が恐ろしいよ。愛を実らせるなら、運命の神様を味方につけることだね」
「それってどういうことですか?」
「わかりやすくいえば、自分たちのことしか考えられない恋愛はいくら一時的に燃え上がっても、続かない。周囲も微笑ましくなるような関係がいいかな。運命の神様もそういうのを応援したくなるんだ」と治郎は楽しそうに言った。
「父さん、冗談で言っているんですか?」
「まじめな話だよ。もしも、父さんが出会ってすぐに母さんを自分勝手に愛したとすれば、どうなったと思う?」
「さぁ」
「三和のお祖父さんからも、気に入られることはなかっただろうし、逆になんて奴だと反対されただろう」
「ええ」
「俺たちは、もう結婚しろって言われて結婚したんだ。周囲も祝福してくれて」
「そういう風になりたいです、僕も」
「純愛がいいぞ、みんなを味方につけるのは」
「まさか『ロミオとジュリエット』ですか?」
「あれは悲恋なのになぜいいのかな。父さんと母さんは生きて結ばれたから、ロミジュリを超えたということだ。こうして立派な息子も出来たし、息子が好きな娘のことでこそこそするんじゃなく、相談してくれるんだから。嬉しいねぇ」
「本当に、父さんと母さんのようになりたいんですよ」
「父親に言われてホントにあきらめられるかな。そこが見所だよな」
「まさか反対なんですか?」
「悲恋に反対は付きものだよ。克服していく過程で愛は逞しく美しくなるんだ。俺が反対しなくても、試練が来るときは来るさ」と治郎は笑顔で言った。
 いつも兄姉の末っ子で、星一や一朗にも弟のように接していた治郎が、息子に対しては貫禄を持って話せることが、気分がよかった。
『悲恋は願ってないんですけどね…』と志道が心の中で呟いていることは、治郎には構ったことではなかった。
14

「運命の神様」を多発していますね。
ロミ・ジュリファンの治郎ですから、
もしかして、息子を悲恋に導きたいのか…。
治郎の話は独自の恋愛論に発展して、
尽きることをしりません。
恋愛論、というか人生論でしょうか。
志道もタジタジですが、
もう少しお付き合いください






黄色い薔薇と噴水


父、治郎の話では、
「運命の神様」も応援したくなる愛し方
というのがあるそうで…★


「俺は甘い父親だから、反対は出来ないな。でも、好き勝手するのが幸せになることではないからな」と治郎は悦に入ったように話していた。
「それはわかりますが、どうしたら、じゃあ幸せになれますか?」と、志道はまじめに尋ねた。
「志道がそういうことを訊くんだな。幸せになりたいのか?」
「今まで幸せでしたから、父さんと母さんの息子で、何も不満なこともなくて…。でも、今はそう。幸せになりたいです」
「父さんと母さんの息子では物足りない?」
「あ、いえ、その…」
「いいんだよ。そうだろう。お前は遅すぎるよ。反抗期もなく、まじめ一筋で来て、彼女に会って変わったんだろう?それがいい方に向いてくれることを願ってるよ。
 いいか。好きだからって好き放題することが本当の愛ではない。自由と自分勝手が違うように、本当に愛するなら、ちゃんと責任を取るということだ」
「はい」
「周囲もみんな幸せにするような愛し方をしてみたら。潔く、惚れ惚れするような愛し方で。お前みたいな男が何を恐れるの?堂々と愛していけば。愛することに躊躇も恥じもいらない。むしろ、愛し足りないことを悔やめってね。今しか出来ないことがあるはすだよ」
「…はい」
「それで何、父親に反対されるのが怖いのか?反対されたらあきらめると。そういう中途半端なの、気に入らないな。運命の神様も気に入るかな?相手の女性はどうだろうね。親にOKされたら付き合って、そうじゃなければあきらめる、そんなんで愛されたと思うのかな?」
「僕は父さんが本気で反対するなら、それなりの理由があるはずだからと思うんです。きっと彼女に会ったら、気に入ってくれると思いますし」
「父さんが気に入らないって言ったのは、お前のその愛し方だよ。間違ってはいないのかもしれないが、気に入らないな。感動もしない。その彼女にも失礼じゃないか?相手の娘がどういう娘かが問題じゃないよ、お前のその姿勢だよ、気に入らないのは」
 治郎の話は結局は暴走気味に、「気に入らない」と宣言して終わってしまった。
 志道は頭を抱えた。いったいどうしたらいいというのだろう。訳がわからなかった。
「反対は出来ないって言ってたのに…」志道はつぶやいた。

 報告を聞いて、志道をかばい意義を唱えてきた陽子に向かって、治郎は言った。「俺だって親だよ。親は子供の幸せを願ってるんだ。あいつも幸せになりたいって言うんだ。ちょっと気合を入れないと、このままだと平穏な幸せは築けるんだろうが…。本当に幸せになるには、自分で掴まなければな。
 それにあいつの姿勢が甘いよ。気に入られると見込んで話してる。女を愛するってことは、ある意味何をおいても優先すべきだし、犠牲も必要だ。あの理性的な態度を崩したかったんだ。いい子じゃなくて、いい男にさせないとな。
 男にとって、女は一人でいいはずだ。誰でも欠点はある。その娘さんにケチを付けるつもりはないさ。あいつが本気でないなら、大した相手ではないと思うが」
15

父、治郎も
考えるものですね。
さすが純愛支持者だけあります。
ただの勢いって気もしますが…。
明日は志道のピアノ演奏のシーンがあります。
本当にお聞かせしたいところなのですが、
小説なので…。
私も聞きたいです。

前後のお話 はこちらから→ 三月さくら 目次                        
登場人物の確認は家系図で→ [三月さくら 家系図]

 ↖この時から2年の時が流れています

 
よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:雨の日だから。
by (C)芥川千景さん
黄色い薔薇と噴水
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD

2022年05月16日

7 眠り姫と眠り王子‘22 家族1 志道の行く道  【Y1-1】

https://novel.blogmura.com/novel_literary/ranking/in

小説 ▼△三月 さくら待つ月
四月 しあわせの始まり△▼
ブラスバンド。


さちとの時間を振り返りながら
心が満たされている志道。
「家族」と題した小節。
志道と家族との会話をメインとして
物語は進行します。
今日は弟、空との会話です。
空は橘家の美和と付き合い始めて
2年たつかという頃です★



家 族



 志道はさちを送り届けると、そのまま“Jiro's Home”に向かった。「お早う」と、スタッフに声を掛けながら、志道の顔はにこやかで晴れやかだった。
「おお、色男の登場と…」待ち構えていた空にそう言われながら、志道は爽やかな笑顔をしていた。

 そうして、昼時となると、空と昼食を取ることは、やはり避けられなかった。志道は一部始終を話していたが、空から根掘り葉掘り訊かれるのは照れ臭い反面、話せるのが嬉しかった。
「兄貴、やっぱり作曲してたの。ピアノを弾いているのは知っていたけど」
「時々閃きが来るとね」
「やっぱり父さんの才能を受け継いでるのは、麗美と兄貴だね」
「お前は音大出だろう?」
「俺のはね小手先だけなの。器用だから。芸術家じゃなくて、ただのピアノ弾き。…ところで、その最初の出会いのところだけど、やっぱりひらめきがあったの?そういうの、女はとてもグッとくるよね」
「そうなんですか?」
「兄貴が言えばバッチリだろうな。俺の場合はそういうことなかなか信じてもらえなくてさ。軽薄男は損だよ」
「あなたは軽薄じゃないですよ」
「よくわかってくれてる。そう見えるみたいよ。そうだね、兄貴の方が断然大胆だね、感心したよ。俺なんか好きだって告白しても『そう』って感じでそっけなくされてさ。最初から全然盛り上がらなかったんだから」
「あなたは軽薄じゃないけど、口が軽すぎるんですね。そういう意味ではもうちょっと口を慎んだらいいですよ、誤解されるから」
「うん。よく言われる」
「ところで、最初にひらめいたってこと、女性にはやっぱり響くと思いますか?」
「もちろん」
「今度言ってみます」
「そういうこと言わずに落とせたの、すごい」
「そういう言い方しないでください。ただ気持ちを確かめ合っただけなんですから。まだ誰にも言わないで、父さんと母さんに報告するつもりなので」
「ふーん、そう」
「絶対ですよ。相談したいこともあるんですから」
「結婚ていうことになると、なんか結構大変なんだよね」
「あなたはそこまで話がいってるんですか?」
「全然。お付き合いしてもらってるだけですよー。なんかね、家と家ということになると、女の方が引くわけ」
「どうして?」
「三和家の血筋ということで。それに父はピアニスト、妹も売り出し中で、一等地に高級な店を持ってる、と。俺なんか自分のものは何も持っていない、ここの給料だけなのにね。御曹司っていうこと。兄貴は長男だから尚更だと思うよ」
「普通じゃないんですかね、僕たち?恵まれてるかなとは思ってましたが。そういうことで寄って来る女性なんて興味ないですよ」
「とにかく、ややこしくならないためにも、父さんを通して、彼女を守れるようにしておいた方がいいかもね。今度店と家に雑誌の取材が来るって」
「なんで家も?」
「麗美のファミリーということでだよ」

 その晩、志道は早めに家に帰った。両親に話がしたかった。父はいなかったので、電話で、話したいことがあると告げた。
「えっなんだ?改まって話すことか?」と、治郎は今すぐにも話を聞きたそうだった。
「電話ではなんだから、明日にでも直接話しますよ」
「志道、お前作曲をしているんだって?今度聞かせてほしいな」
「はい。じゃあ、今日のところは母さんに伝えておきますね」
 電話を切った治郎は呟いた。「結局母さんなんだ。どうせ話したいことはわかってるさ」

さちのことで
頭がいっぱいの志道。
父、治郎は
彼の作曲が気になるようですが…。

志道の家族といえば、
両親と四人兄弟、
絆はまずまず強いようです。
ピアニストで音楽事務所社長の父、治郎。
シンガーソングライターとして妹、麗美も
順調に活動しています。






西洋館は盛春。


今日は丹野家での、
志道の母・陽子と息子の会話です。
さちに対する母の理解は
心強いかぎりです。
その前に、「告白」のきっかけとなった
前日の母と息子の会話を、もう一度★


 陽子はコーヒーを入れてくれていた。志道は酒よりもコーヒーで慰労されるタイプだった。酒を扱う仕事をしていたから、逆に仕事中は飲むことはなく、たとえ飲む機会があっても、けっして呑まれることはなかった。
 母と向き合って座りながら、昨日店の事務所で話した時とは、天地の差のように変わってしまった、と志道は思った。この母がどれだけ感謝する存在かわからない。


 昨日の夕方、「紹介したい人がいる」と言われ「その気になれない」と断った志道に、母は封書を渡した。
「じゃあまずこれを見て。調査させてた報告が届いたから。古永さちさんのことよ」
「まさか彼女が結婚してるって…」
「私もね、そのことが気になったから、調査を依頼したの。病院で聞き込んだら、人柄も評判も申し分ないんだけど、あの時はしていなかったけど、結婚指輪をしているって言うじゃない」
「母さん、聞き込んだって、どういうことですか?」
「古永さんは私もよさそうな方だと思ったの。だから早速病院の人に聞いてみたのよ」
「で、何を調べたんですか?」
「だから、専門の人にね、見てみなさいよ」
 志道は取り敢えずその書類に目を通した。彼は言葉をなくした。
 最初は、信じられなかった。その書類を凝視して、固まった志道に、陽子は調査した言い訳をするように話した。
「ちょっと聞き込んだだけでは申し分ないお嬢さんだから、そんな必要もないって思ったんだけど、結婚指輪のことが気になって。それ以外は産婦さんに訊いてももちろん受けがいいし、同僚の助産師や看護師さんや、お医者さんに訊いても、有能で上にも下にも評判のいい人で、若いのに助産師になったのも、優秀だけじゃなくて頑張り屋じゃなければできないって…」
「これって」言葉をなくしていた志道は、ようやくそう発した。
「彼女は独身だし、もちろん結婚歴もないわ。お付き合いしている人もいないみたいね。これが事実よ、志道」
「母さん」
「辛かったでしょう。でもはっきりわかれば、すっきりするかと思って…」
「ええ。目が覚めたようです」志道は安堵の溜息をついた。
「母さん、ありがとう。何をすると思いましたよ。そうですか、人妻じゃなかったんですね」
 と、また疑問が首をもたげた。
「じゃあ、どうして結婚してるなんて言ったんでしょうか」
 母が言った。「女性はそう言って身を守ることもあるわ。結婚指輪をしてたのもそうでしょう、下心のある男性が寄ってこないように。
 麗美もそうだけど、私も大学時代、ビン底眼鏡を掛けてたの。きれいだって言ってくれた人はいなかったけど、お父さんは私の心がきれいだって思ったって。この話聞いたことあるでしょ?」
「ええ。でもね、彼女は僕のこと、人畜無害な善意の男と思ってるんですよ」
「どうして?」
「だってそうでしょう。無害な男の車だから寝れるんですよ」
「寝れるって?」
「夜勤で疲れているんでしょう。座って少し会話をする間もなく眠っちゃって、声掛けたくらいでは起きないくらいで」
「志道、わからないわよ。もっとじっくりあなたの良さを知ってもらったら。もう、きっと彼女もわかってるはずよ、あなたの良さは。嫌いな人の車になんか乗らないはずでしょう?」
「そう思いますか?」
「それに、あなたの前で眠れるってすごいことよ」
「嫌いな奴の側では熟睡しないですか?」
「そう思うわ」
 母が見合いの相手だと、わざわざ準備した写真を、志道は手に取って見た。そして微笑んだ。
「…この人がいいと母さんが思うんですね」
 もちろんそれは、古永さちの写真だった。志道の顔には、例の閃きが来る時以上の歓喜の表情が浮かんでいた。
11


 コーヒーを前に、母と息子は微笑んで向き合った。
「ありがとう、母さん。報告させてください」
「お母さんも、早く聞きたかったの」
 話を聞いて陽子は言った。「やっぱりいい娘さんでしょ」
「ありがとう、母さん。母さんの後押しがなければ、今日のようなことはなかったですよ」
「これからよ、志道。大切なのはずっと愛し合えるかどうかよ」
「ええ。でも今日が大きい一歩なんです。今までの僕とは全てが変わってしまった気がします。いずれ、父さんと母さんか、お祖父様が、いいという相手と結婚するつもりでした。僕にこういうことがあるなんて思ってなくて」
「もう一緒になると決めているの?」
「ええ、そうなったらいいと思っています。父さんや母さんがいいならですが。反対ってことはないですよね」
「お母さんももちろん応援するわ」
「よかった。反対されたら辛すぎますから。父さんはどうでしょうか?」
「お父さんにも少し話しているの。私がいいと思ってる娘さんがいるって」
「そうですか」
「でも志道、お父さんに反対されたらどうするの」
「えっ。反対なんですか?」
「あんまりいい反応ではなかったわ。きっと反対はしないと思うけど。お父さんもお母さんもあなたの結婚相手のことはずっと気に掛けていたの。なかなか適当な人がいなかったのよ、今まで」
「父さんが反対だったら。本当に反対だったらですが、多分あきらめますよ」
「あきらめられるの?」
「…さちさんのことをちょっとでも考えたら、あきらめられそうにはないですね。ただ、僕には父さんは絶対的だから、父さんが認めてくれないなら付き合えないですよ。きっと気に入ってくれると思うんですが」
「それよりも父さんはあなたのピアノのことを気にしているの」と陽子は言った。「音楽を本業にするつもりはないの?」
「僕には“Jiro's Home”がありますから。仕事には満足していますし、もっとうまくやるつもりですよ。音楽は、時々ピアノを弾いたり作曲したり、楽しんでます」
「最近思い出したの。亡くなった葉奈さんが言ってたこと。曾お祖父ちゃんのことだけど…」
 33歳という若さで亡くなった一朗の妻、葉奈は、“星の家”にまつわる3家庭の間では、ちょっとした予言者のような存在になっていた。生前彼女が言っていたことが、今更ながら現実になることが、ままあったので。
「あなたがね、曾お祖父ちゃんの生まれ変わりのような気がするって、そう言ってたのよ」
 治郎の母方の祖父は、まだ治郎と陽子が結婚した頃は存命だった。志道には曽祖父に当たるその人は、その当時ではハイカラな人で、若い頃ピアノに縁があったのだが、自身は家族の生活のために断念した。しかし、娘の嫁ぎ先は音楽家であり、孫たちも皆ピアノを生業にしていたから、孫の代になって自分の願いが叶ったのだった。
 陽子は言った。「曾お祖父ちゃんにそっくりで、お父さんにもよく似ているってことは、あなたは音楽の道に行った方がいいんじゃないかしら。あなたには、曾お祖父ちゃんが亡くなる時に託された思いがあるような気がするの」
「実は、一昨年のお彼岸に墓参りに行ったでしょう。その後からですよ。止めてたピアノを弾く気になったんです。それから時々閃くようになって、曲を作るようになって。作るっていっても、その閃きを再現する感じなんですが」
 そう、志道のピアノを通じての密かな喜びは、その時から始まったのだった。“星の家”の集まりが再会し、最初の敬老の日の集いで、久し振りにピアノを弾いてからだった。墓参りにいったのは、その前日だっただろうか。
「その話し方ね、よく似ているわ、曾お祖父ちゃんに。とても穏やかで紳士的な人だった」
「そうですか。曾お祖父さんに似ているんですか、僕は?」
「私もお若い頃は知らないからわからないけど、多分ね。丹波野のお義母さんなら、ご存知かも」
 そんな話の後、志道は思い出したように言った。「さちさんを、今度の麗美のパーティーに誘ってもいいですか?」
「そうね。明日お父さんに話してみたら」
 以前、さちに夫と来たらと誘ったパーティーに、今度は彼女を招待する、それを考えただけで胸が躍った。酒には酔わない志道も、さちへの思いには陶酔しているようだった。
13

その話し方も、瓜二つだという曽祖父?!
音楽好きはそのせいでしょうか。
志道の行こうとする道に、
音楽は切り離せないでしょう。
そうはいっても、さちに向かって動き出した気持ちは
もう止まらないようです。

今日の内容は、物語の構成上、
前回は描けなかった部分を
回想シーンとして盛り込んでみました。
物語の1話ごとの通し番号は
前のものを残しておきました。
登場人物の確認は家系図で→ [三月さくら 家系図]
 この時から2年の時が流れています

                        

よいい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村
写真は:ブラスバンド。
西洋館は盛春。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか


 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD