ぴかぴか(新しい)毎日クリックありがとうございます
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 ポエムブログへ   にほんブログ村
 

2019年12月17日

(詩) 神無月、十一月、神無月… (折句) 2019


今は11月ですが、
陰暦では、十月(神無月)。
神無月の間、神様はみな山に集まって、
来るべき冬の相談をされるのだとか。
もう秋も 暮れてしまいそうなこの時期、
美しい夕暮れを 思い浮かべながら
どうぞ★

この夕焼け


「 神無月、十一月、神無月… 」



感じやすいのは 秋の空 
泣きだしそうな 夕の空 
月まで寂しく見えてくる
君のいない神無月

純白の雪をまとうには早いけど 
うっすら薄化粧の山の肌 
いつも一番に目に浮かぶのは… 
散り積もった落ち葉は 誰のせい? 
街路樹揺らす 風のせい 
つい また想ってしまうのは 
秋が深まるせい? ……君がいないせい 

風に揺れるのは 心が震えるから 
名も知らない花の上 
露は月の残り香
キスをまだ知らない蕾が 微笑みをほころばせるから

重要なのは 君ただひとり
羽毛のように軽くてわからない
命より重い愛は けして量れない
違うと笑わないで
頑張れと応援して
月が見ているから そっと手を振って

感謝します
失くしたすべてのものよりも
杖のように 足のように
君がいてくれることを




「かんなつき」と
「じゅういちがつ」の折句です。
11月と神無月、
一見噛み合わない組み合わせ。
現代と過去が錯そうするように
交互に折句としました。

11月=霜月と
覚えているのではないでしょうか。
しかし実は、この11月の頃は
陰暦ではまだ10月、
つまり神無月の頃です。

少し秋が深まって来た
実りの季節。
冬が来る前に
神様は雪と霜を降らせる相談のために
山、あるいはお伊勢さんに
集まるのだと言われていますね。
だから神社に行っても
神様がいないとか・・・。
伊勢神宮に大集合するから、
伊勢だけは神有月と呼ぶのだそうですが。

神様がいないのは
もちろん心細いことですが
この詩の彼は
誰かのいない寂しさを感じているようです。
彼女と過ごした過去と、
会えない今、そして未来とが錯そうします。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
写真は:この夕焼け
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
小説の連載は、次の記事より
お楽しみください ↓ 


下は小説の目次一覧です

  

 [THE PAST POST]
▼△時の追いかけっこ△▼

こちら からどうぞ



京都と関東のとある海沿いの町を舞台にした物語
 雪洗YOU禅物語 
 ↑ こちらから


シャボン玉飛んだ
映り込みの家庭
(いえ)

目次は こちら


小説 ▼△あの人は
広い傘をもっている△▼

ここをクリック


忘れられた零地点(ゼロポイント)
こちらからどうぞ


「ひのくに物語」全59話完結!




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


「季節の詩 愛の詩2019」一覧

トップ記事には、常に
季節の詩などをもってきています




【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ★季節の詩 愛の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

18 《ひのくに物語'19》 取れない仮面、そして贖えない罪3・仮面の犯した罪、そして愛?!1  B面〜仮面(マスク)の章



架空の王国を舞台にした
愛と夢の一大ロマン
「ひのくに物語」──
月夜?の一輪


この節の最終話。
国王馨と、
罪人となったケインの会話の
続きから★


「お前たちは愛し合ってたじゃないか」
「そうだよ。でもわからなくなるんだ。菫の口から、私のことを愛していると聞いたことがなかったから。兄貴ならひょっとして聞いたことがあるかなと」
「愛していたよ。お前をかばって亡くなったんだろう?」
「うん。でもね、菫は絶対に言わなかった。…ねぇ、兄さんも婚約者を亡くした時、悲しかった?」
 馨は私の胸で泣いた。私は思いつく限りの言葉と態度で彼を慰めた。
「どうして、私の所に来たんだ?顔も見たくないほど憎まれてもおかしくないのに」
「王になる男が泣ける場所なんてないんだよ。兄貴も、もう、私を殺しても仕方がないでしょ」
「丸腰ではお前に勝てないしな」と、私は笑った。「一対一でたとえ勝っても、どうせ取り押さえられる。お前には支えてくれる人が大勢いるじゃないか」
「うん。みんなに心配掛けたくないからね。兄貴には貸しがいっぱいあるから、今日くらいいいだろう?」
 私は精一杯にっこり笑った。この男を妬ましいと思っていた自分自身が、愚かに感じた。
「母さんはどうしている?お前のためならなんでもしてくれるだろう」
「平和(ひらなぎ)の母さんは、泣かせたくないからね。兄貴に会いたがっているよ。叔母さんも、私には実の母だけど、私の妃候補を探している。一番たくましいよ」
「菫の妹には会ったことがある?」
「遠目に見たことはあるよ。菫によく似ているから、会いたくないな、逆に」
 その日、私は馨に謝罪した。
 最後に私は言った。「私の罪は、大きすぎる。許してもらえるとは思わないよ」
 馨はにっこり笑った。「私が許すとか許さないとか、関係ないだろう。私が許しても、神が許しても、後は兄貴自身が自分を許せるかどうかだろう?」
 確かに、私が苦しんでいるのは、自分自身が許せないからだ。
「済んだことを悔やんでも仕方がない。今から何を残せるかだ」と、馨は自分に言い聞かせるように言った。「思うんだけどね。兄貴がしなかったとしても、元王妃は誰か他の者を使って、同じようなことをしたと思うんだ。仲間にならなければ兄貴も殺されていたかもしれない。私が命を狙われるのは変らなかっただろうし、だから私のために菫が死ぬことも、やはり避けられなかったはずだよ」
「私が殺されればよかったな」
「無理だよ。それが、運命なのかな。兄貴は守られている。きっと父さんが生きていても、絶対兄貴を守ろうと庇ったはずだよ、命に換えてもね。
 調べてるうちに解ったんだけど、実際父さんは、元王妃派が刺客を送ったことを知っていたようなんだ。だから、兄貴に疑いが掛からないように最後までいろいろ手を尽くしたんだよ。兄貴のアリバイを整えてから、自分から殺されに行ったんだ、きっと」
 主税叔父に知らされていたことではあったが、馨からそう言われると、更にそれが真実だとわかった。
 馨を慰めていたはずの私が、結局は彼に慰労されていた。罪が消えるはずのない私だが、その気持ちはずいぶん楽になった。
35

菫から
「愛している」という言葉を
聞いたことがなかったと、
馨は嘆きます。
なんだか、いい兄と弟の関係ですが…。
引き続き、↓次の回もご覧ください。






美容柳。


ケインは
馨との関係を
完全に修復したようです。
彼の心に温かい愛情が息を
吹き返しました。
そして…★


仮面の犯した罪、そして愛?!



 菫を亡くして、ダメージを受けている馨の様子が心から離れなかった。不幸のまま死なせてしまったと、彼は嘆いていた。
 菫はあんなに馨だけを一途に愛していたのに、「愛している」という言葉を言ったことがなかったのだという。幸せな恋人同士にすらなれなかった二人だった。
 私は、馨のためにあることを思いつき、やむを得ず蘭と会う機会を作った。それまで、会うのは許されないことだと、避けていたのだが。
 彼女に会うなり、聞きたい用件に入った。
 蘭は菫から手紙をもらっていたはずだ。その中に、馨のことを愛していると書かれている部分があるのではないかと思ったのだ。
 手紙の中の「愛」の言葉を見つけたら、連絡をくれるように言ったが、ついにその連絡はなく、翌日蘭は、なんと私の住む館を、直接訪れてきた。
 もちろん空手ではなく、菫の手紙を数通手にしていた。案の定、その手紙の中には、どれも必ず馨について触れる文章があった。彼を愛しているという言葉もその手紙には残されていた。私は、馨にそれを渡して欲しいと蘭に頼んだ。彼女は、手紙を添えてそれを馨の元に送った。
 馨は喜んで、すぐに私に連絡してきた。
 蘭が再び私の元に来た時、尋ねてみた。「馨がとても喜んでいたよ。菫の手紙もだけど、君の手紙も。なんて書いたんですか?」
 蘭は笑って言った。「私が知っている姉のことを書いただけよ」
「そうですか?」それだけではないような気がした。「私のことを何か書いたでしょう?」
「いいお兄さんですねって」
「冗談を。…君は私が奴にしてきたことを知らないわけじゃないでしょう」
「お返事を頂いたわ」
 手渡されて読んでみた。

──貴重な手紙を送って頂いて感謝している。君のお姉さんは、私にはなくてはならない人だった。私には一度も愛していると言ってくれなかったから、こんな風に思い掛けなく、彼女の言葉に触れられて嬉しい。
 私の兄は、君が言うように、いい兄だ。世界で一番の兄だよ。云々…


 そして最後にこう綴られていた。
──僕の兄をよろしく

「何か他に書いたんでしょう?」と、私は蘭に訊いた。
「内緒よ」と、彼女は言った。
 私はその後も、蘭を避けたかったが、主税の別邸に身を寄せている立場の私には、その場所がわかってしまった以上、逃げることも隠れることも出来なかった。蘭は、何かにつけ、私の元にやって来た。
36

これは…。
避けているのか、
近づいているのか…。
さて、離れられるのでしょうか。

「ひのくに物語」を楽しむために 
登場人物の確認は→ 《B面の主な登場人物》
(2017版にリニューアルしました!)

 ※ ネタバレがありますので、A面をお読みでない方は、
 必ずこちら→ (解説・ひのくにWORLD) をご覧ください。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます

にほんブログ村

写真は:月夜?の一輪
by (C)ヨマさん
美容柳。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ☆ひのくに物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

17 《ひのくに物語'19》 取れない仮面、そして贖えない罪2  B面〜仮面(マスク)の章



架空の王国を舞台にした
愛と夢の一大ロマン
「ひのくに物語」──
道端のハナニラ。


悪事はいつまでも続かない、
と言いますが、もうケインは
観念するときが
やって来ました★


 この道を行く限り、蘭との接点はあるはずはなかった。彼女が敵でないと言ったとして、私たちの関係は敵同士に変わりなかった。
 そして馨たちに対して、私は完全優位に立ち、ほぼ全てのものを手に入れ尽くしていた。
 元皇太子、英晴の王座への擁立も、もうすぐで成立するという正にその時、全てが水泡に帰した。
 元王の代理人による記者会見、これには、完全に不意を突かれた。全然予期もしない形で、私たちの砂上の楼閣はもろくも崩れ去った。
 悪事は長くは続かない。全てが、罪と偽りと暴虐で築いたものだったから、崩れ始めたと気付いたら、あっという間に全てが引っ繰り返されて、跡形もなくなった。
 昨夜までこの国の最高の立場にいるかと思っていた私と元王妃は、反逆者となり果て、拘留され裁きを待つ立場となった。
 もう、私の未来はなくなったと思った。あるとしても、罪を償うだけの負の時間が残されるだけで、喜びもなく幸福にも無縁な者となったのだと。
 どうして、私はああまで馨を妬んだのだろうか。全てが終わって私はふと思った。ああまで、彼のものを執拗に奪おうとすることはなかったのに、と。

 裁きを受ける立場であったにも関わらず、私は一般の監獄に行くことはなかった。身柄を預かったのは、ずっと叔父、梵野主税(ぼんの ちから)だと思っていた。それが、馨のたっての願いだったと後で知った。
 御許引受人として立った主税は、実際は私の叔父ではなく、菫と蘭の父親だった。そう、董の父だった。
 娘にむごいことをした男を許せるはずがないのに、彼は言った。「馨様が許しておられるのに、私が根に持っても仕方なかろう。私は今でもお前を甥っ子だと思っている。悪さをした子供には罰も必要だが、憎いからそうするんじゃない。
 馨様は言っておられた。お前が、罪の道へと踏み外したのは、自分がいたからだと。あの方は、今でもお前を、憎むことが出来ないんだ。私がいくら憎い相手だと言っても、あの方はそれが出来なかった。兄だと思っているんだ。
 それから、お前の父のことだが、いつもお前を自慢にして信頼していた。嗣業を馨様に譲るのは、あの方が王になる為のステップで、いずれお前にその座を戻しても、いつでもお前ならやっていけると。頼みにしていたんだ。
 今更知っても仕方ないだろうが、蓉子(ようこ)(元王妃)は、あの時お前を父親殺しに仕立て上げる計画だったんだ。それを逆手に取って、家統(いえすみ)は自ら殺されに行った…」
 私は、父が馨に嗣業を譲るつもりだと言った時以上に、愕然とした。
34

誰からも愛されないと
感じていたケインでしたが、
父は、自分の命すら彼のために
犠牲にしてくれたようです。
引き続き、↓次の回もご覧ください。






晩秋の光景・三保市民の森。


ケインはようやく
自分の罪を
悔いることができるように
なったようです。
そして、馨にとって
辛いあの出来事が…★


 父は、自分の命を掛けて私を守ろうとしたのか。考えてみれば、私は確かに信頼されていたのだ。馨の成長を願い、守っていくことに命を掛けている両親。一番に支えるべきは、私のはずだった。
 ただ私は、ちょっと認めてもらいさえすればよかった。強がっていずに親にも甘え、馨にも普通に弟にするように、喧嘩したり、引き下がらず譲らずに、欲しいものを欲しいと言ってくればよかったのだ。よい兄の仮面の下に、本音を隠しこむようなことをしなければよかった。
 大切な家族だったのに。全て失ってしまった。
 今は何もない。それすら、私のまいた種だ。
 私には警察と、主税叔父の抱える監視が常に付いた状態だったが、生活は守られていた。自由はなかったが、何も不満も心配もなかった。
 捕らえられてからは、私は馨のことを、理解できるようになった。全てを奪おうとした憎い相手であるはずの私を、馨は決して恨むようなことをしなかった。これまで私が、彼のものを奪っても、命まで狙っても、彼は決して屈しなかった。
 私は今ではよくわかる、彼が王たるに、ふさわしい男であることを。
 そんな折、馨と菫が襲われた報告を受けた。菫は助からず、馨も重症を負っているということだった。
 襲った相手は、私の以前の配下の者だった。頭(かしら)の私が捕まって、もう反撃するつもりもないというのに、蛇の尻尾のように、私の配下はまだ動いていたのだ。嫌、命令するトップを失った悪党たちは性質(たち)が悪い。何をするかわからない。
 でももう、この事件を機に、部下も一掃されることだろう。すべて、片がつくはずだ。

 私が自分の罪を振り返って、後悔の思いに襲われながら過ごしている時、私は馨の訪問を受けた。菫を失った馨は、生気がなかった。
「とうとう、王になることになりそうだ」と、彼は言った。
「おめでとう」と、私は言った。
「心から言っているの?」
「心からだよ。お前は立派な王になる」
 馨はフッと笑った。
「あんまりなりたくないようだね」
「私が望んだものなんか何一つないよ。たった一つあったけど、その望みは完全に絶たれた」
「菫のことは、すまなかった」
「兄貴がさせたことではないんでしょ。もう、誰とも連絡できなかったはずだから」
「そうだが、私の部下だった者たちがしたことだ。私が始めなければ、こんなことにはならなかった」
「謝ってもらって、菫が帰ってくるわけでもないさ。よく思うんだ。あの時、兄貴に言われたように、全てを兄貴に譲って、菫と一緒になってたらなって」
 馨はひどく辛そうだった。「でも、だめだったよな。菫は私を決して受け入れなかったから」
34

菫と愛し合っていたことすら、
確信がもてない様に見える
傷心の馨の姿です。

登場人物の確認は→ 《B面の主な登場人物》
(2017版にリニューアルしました!)

 ※ ネタバレがありますので、A面をお読みでない方は、
 必ずこちら→ (解説・ひのくにWORLD) をご覧ください。




よい一日 よい夢を

クリックありがとうございます

にほんブログ村
写真は:道端のハナニラ。
晩秋の光景・三保市民の森。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
物心ついた時には、何かを読んでいました。物語は小学生、詩作は中学生から始めるも、世界平和と結婚の夢の前に、一物書きになる夢は横に置いて、気づけば元文学少女に過ぎない、おばさんになっていました。子の乳離れを期に、書き溜めた小説を編集し始め、その後ブログをはじめました。
ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。

見えない世界、霊界、神様について、人生については、もう一つのブログをどうぞ。
夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
こちらから→幽霊っているんでしょうか



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | ☆ひのくに物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする